EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカネットワークス、KDDIへHadoopビッグデータ分析プラットフォーム「Hunk」を提供

  2015/03/17 12:00

 マクニカネットワークスは、総合通信事業者であるKDDIに対して、米国Splunk社製のHadoopビッグデータ分析プラットフォーム「Hunk」をアジア・太平洋地域で初めて提供し、Hadoopで構築した大量システムログ基盤に接続し、各システムログの統合的な分析の実現を支援すると発表した。

 KDDIでは、以前からサービスの安定稼働を目的とし、大量のシステムログをHadoopと複数のツールによって分析していたが、今回の「Hunk」導入により統合的な分析が可能になる。

 システムログを統合的に分析し、柔軟な検索と可視化が実現できるHadoopビッグデータ分析プラットフォーム「Hunk」は、あらゆるユーザにHadoop内の生データに直接アクセスさせ、Webブラウザによる直感的かつ容易な操作と、自由自在な検索により作業の効率化、迅速化を実現するという。

 また、分析結果のアラートや、レポート、ダッシュボードなどデータ分析をサポートする機能を提供するという。

 「Hunk」を導入することで、KDDIはさまざまな角度から自由にシステムログ分析を行うことが可能となり、また共通のプラットフォームを利用することで、属人性の排除や、大量データの可視化、分析にかかっていた工数を大幅に削減し、めまぐるしく変化するビジネス環境への俊敏性を向上させ、通信サービスのさらなる高品質化が可能となるという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5