SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース、出版・放送などメディア業界向け「購読者管理ソリューション」を富士通とともに提供

 このソリューションは、新聞社、出版社、ケーブルテレビ会社、デジタルコンテンツ配信事業者、放送局、オンラインゲーム会社などを対象とし、メディアと購読者との1対1の関係構築を支援するという。

 顧客に関するデータを一元管理し、適切なコンテンツとチャネルを組み合わせて、顧客とのさまざまな接点(カスタマージャーニー)を設計することにより、投資対効果の高いマーケティングキャンペーンの実施やサービスの提供が可能になるとしている。

 「Salesforce メディア購読者管理ソリューション」の主な機能は次のとおり。

 ・適切なコンテンツをタイムリーに配信:時間と場所、使用しているデバイスを問わず、購読者に合わせてパーソナライズされたコンテンツを提供。

 ・趣味や関心でつながるコミュニティ:SNS機能により、企業と購読者、あるいは購読者同士の意見交換ができるコミュニティを提供。

 ・顧客向けアプリを提供:スマートフォンを通して、マーケティングキャンペーンの状況やサポート履歴をいつでもどこでも確認可能。

 ・アイデンティティ管理:従業員、顧客、パートナーのあらゆるアプリケーションやデバイスの統合管理が可能。

 ・分析機能:さまざまなデバイスから必要となるデータソースを探索して新たな知見を明らかにし、アクションを起こすことが簡単に。

 ・顧客情報を全方位から把握:統一された顧客プロファイルを維持することで、アカウント、取引、ソーシャル情報などの統合的な管理が可能に。

 ・Salesforce Customer Success Platformで業務を統合:Marketing CloudとService Cloudを通じてオンラインでのカスタマサービスの質を向上。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6707 2015/03/31 11:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング