SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、PostgreSQLを暗号化するソフトウェアのOSS版と製品版を発表

 「TDE for PG Free Edition」は、データベースを暗号化する透過的暗号化機能を追加するソフトウェア。これにより、業務アプリケーションを改修することなく、データベース自体を暗号化するので、ユーザシステムのセキュリティを容易に向上させることができるという。

 また、「TDE for PG Enterprise Edition」は、データベースの状態を診断するデータベース診断機能、問題があった際に、破損箇所以外のデータをあらかじめ用意した別のデータベースに移行するデータベース復旧機能、暗号化に求められる暗号鍵を更新する暗号鍵管理機能を搭載している。

 OSS版の「TDE for PG Free Edition」の特徴は次のとおり。

 1. PostgreSQLに透過的暗号化機能を追加するOSSを国内で初めて公開

 PostgreSQLに透過的暗号化機能を追加するOSSを公開するのは国内初。最も多くのOSSが公開されているホスティングサービスの1つであるGitHub社が運営するWebサイト「GitHub」で公開。

 2. データベース自体を暗号化する透過的暗号化機能を搭載

 データベース自体を暗号化することで、業務アプリケーションの改修することなく、データの暗号化が可能となり、費用や工数を低減。これにより、社内システム統合やクラウド環境への移行時に、社員の個人情報管理などのセキュリティを向上。

 製品版の「TDE for PG Enterprise Edition」は、透過的暗号化機能に加え、データベース診断・復旧や暗号鍵管理機能を搭載透過的暗号化機能に加え、PostgreSQLのデータベース状態を確認するデータベース診断機能を搭載している。

 また、データの破損やデータベース自体の異常などの発生時には、破損箇所以外のデータをあらかじめ用意された別のPostgreSQL環境に移行するデータベース復旧機能を搭載している。さらに、セキュリティ確保のため、定期的に暗号鍵を更新する暗号鍵管理機能を搭載。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6902 2015/06/05 13:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング