EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2014年のStorage in the Cloud市場は前年比37.8%増の274億円―IDC発表

  2015/09/30 15:00

 IDC Japanは、国内Storage in the Cloud市場の2014年の売上額実績と2015年~2019年の売上額予測を発表した(Storage in the Cloud市場とは、パブリッククラウドサービスとして提供されるストレージ従量課金サービスの市場を指す)。

 発表によると、2014年の国内Storage in the Cloudの売上は前年比37.8%増の274億4,600万円となった。

 また、同市場の2014年~2019年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は22.0%、2019年の市場規模を741億6,100万円と予測している。

 IDCでは、国内Storage in the Cloud市場は、2015年以降も成長を継続するとみている。サービス価格の下落は進行しているものの、クラウドサービス全般に対するユーザーの利用意欲は高く、国内Storage in the Cloud市場としても拡大の余地が十分に残っている状況にある。

 また、クラウドサービスをいかに利用すべきかについての知識、経験も豊富になるにつれ、市場は拡大するとみている。

 IDC Japan ストレージシステムズ マーケットアナリストの宝出幸久氏は、「国内Storage in the Cloud市場は、国内ストレージ市場における成長分野の1つであり、今後も市場規模が拡大すると共に、国内ストレージ市場に与える影響力も高まっていくと考えられる。国内Storage in the Cloud市場においては、ハイブリッドクラウドの実現やクラウドストレージサービスのエコシステム構築に留意すべきである」と分析している。

参考資料:国内Storage in the Cloud市場売上額予測、2014年~2019年(作成:IDC)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行したレポート「国内Storage in the Cloud市場 2014年の実績と2015年~2019年の予測」にまとめられている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5