Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ヴイエムウェア、アプリケーション/デスクトップの配信・管理の「VMware Horizon」に最新版

  2016/02/10 14:00

 ヴイエムウェアは、仮想アプリケーションと仮想デスクトップの配信と管理のためのデジタルワークスペースソリューションの最新版「VMware Horizon 7」を発表した。

 「VMware Horizon 7」は、パーソナライズされた仮想アプリケーションと仮想デスクトップの高速な配信機能に加え、クラウドの活用を通じた経済性と、クラウドに最適化されたディスプレイ用プロトコルを備えているという。

 また、新たに「VMware Horizon Air」から提供されるハイブリッドモード機能により、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)や「VMware Virtual SAN Ready Nodes(対応アプライアンス)」をクラウドベースの単一構成として組み合わせることによるメリットを通じて、オンプレミスとクラウドの管理に向けて、デスクトップとアプリケーションの配信を簡素化することができるという。

 これらの最新機能により、「VMware Horizon」は業界で最も包括的なアプリケーションとデスクトップの仮想化製品ポートフォリオを提供することで、オンプレミス/オフプレミス/ハイブリッドなどの環境を問わない選択肢を顧客に提供するとしている。

 「VMware Horizon 7」と「VMware Horizon Air」の新機能は以下の通り。

 ・ジャストインタイム配信

 VMwareのInstant Cloneテクノロジ(旧称:Project Fargo)を活用することで、すべての機能を備え、パーソナライズされたデジタルワークスペースのプロビジョニングが劇的に高速化され、20分以内に2,000のデスクトップをプロビジョニングできるようになる。

 同時に、必要な時にオンデマンドで仮想アプリケーションと仮想デスクトップを配信できるなど経済性も備えている。デスクトップはアプリケーションのログアウトにより再配置され、またOSのパッチはセッションの合間に適用されるため中断する必要がない。これらの機能を通じて、ジャストインタイム配信による管理、保守、そしてセキュリティ強化が可能。

 ・Blast Extreme

 モバイルクラウドネットワーク環境向けに開発・最適化された新しいディスプレイ用プロトコルであるBlast Extremeは、GPUをオフロードすることで、低コストのエンドポイント製品などH.264の映像圧縮方式に対応したデバイス向けの拡張性とモバイルネットワークへの対応を強化。

 さらに、ユーザ体験を向上する包括的な機能を備え、そして業界で最も幅広いクライアント端末に対応することで、最新のBlast Extreme、またはPCoIPのどちらを選んでもパフォーマンスと柔軟性を享受できる。

 ・アプリケーションのライフサイクル管理

 ソリューションに含まれる最新版となる「VMware App Volumes 3.0」は、アプリケーションの作成、展開、管理を簡素化するアプリケーションのライフサイクル管理に関する最新のアプローチを提供。アプリケーション階層ごとの管理が必要となる従来のテクノロジとは異なり、「VMware App Volumes 3.0」はアプリケーションの階層に応じたライフサイクル管理が可能になると同時に、アプリケーションの階層化によるメリットも引き続き享受できる。

 「VMware App Volumes 3.0」は、自動化、柔軟な配信とモニタリング、統合的なエンドユーザ管理、統一された管理機能など、アプリケーションのライフサイクル管理に関する主要な機能を備えている。同時に、ストレージや運用に関するコストを最大70%削減でき、イメージ管理に要する時間を最大95%減らすことができる。

 ・スマートポリシー

 「VMware Horizon 7」に搭載されるスマートポリシー機能は、USBとクリップボードのコントロール、ドライブのリダイレクション、プロトコルの設定などの機能を備え、コンテキストと権限に応じて管理できるリアルタイムかつポリシー ベースのソリューション として、企業のITセキュリティを改善。

 また、「VMware Identity Manager」のシングルサインオン機能とのシームレスな統合により、モバイル環境を利用するエンドユーザは、パスワードを入力せずにWindowsデスクトップにアクセスできるため、一般のコンシューマ製品のようなシンプルな利用体験を実現できる。

 ・「VMware Workspace ONE」との統合

 モバイル端末や仮想アプリケーション、仮想デスクトップを利用する従業員を管理する必要がある組織は、「VMware Horizon」と「VMware Workspace ONE」を組み合わせて利用することができる。「VMware Workspace ONE」は、エンタープライズモビリティ管理(EMM)、仮想デスクトップ(VDI)、ID管理テクノロジを統合したデジタルワークスペースを実現する。

 これにより企業のIT部門は、単一のモバイル プラットフォーム上から従業員向けにビジネスに不可欠なリソースの安全な管理と配信を行うことができ、またエンドユーザはコンシューマ製品のようなシンプルなアクセスが可能になるなど、さまざまなメリットを享受できる。

 また、「VMware Horizon Air」のハイブリッドモード機能のメリットは次のとおり。

 ・すぐに利用可能なシンプルなセットアップ:「Horizon Air」と連携したハイパーコンバージドアプライアンスにより、プラグを差し込むだけですぐに使用できるシンプルさを提供し、仮想アプリケーションや仮想デスクトップを1時間以内に設定、稼働可能。

 ・クラウドのスピード感でデスクトップを作成・拡張:Instant Cloneテクノロジを「VMware App Volumes」と「VMware User Environment Management(UEM)」テクノロジと統合することにより、IT管理者はクラウドのスピード感でデスクトップを作成、拡張可能。このテクノロジにより、20分以内に最大2,000台の仮想デスクトップを作成できる。

 ・シームレスなソフトウェアアップデートでメンテナンスウィンドウが不要:WindowsイメージやWindowsアプリケーションに即座に適用可能なシームレスなソフトウェアアップデートにより、メンテナンスウィンドウが不要に。新しいプラットフォームの機能や機能強化は、クラウドコントロールプレーンから簡単にアップデートできる。

 ・ハイブリッドクラウド環境による柔軟性:クラウドコントロールプレーンの一括管理により、アプリケーションやデスクトップのワークロードをオンプレミスのデータセンターとクラウドの間で移動できるため、日々の業務用にクラウドをプライマリとして利用したり、デスクトップのクラウドバースティングや災害対策向けにクラウドをセカンダリとして利用するなど、柔軟な運用が可能に。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5