EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

JSOL、AWS上でSAP S/4HANA向け運用監視サービスを提供開始

  2016/07/28 14:00

 JSOLは、アマゾン ウェブ サービスのコンサルティングパートナーとして参画している取り組み「SAP on AWS CoE(Center of Excellence)」活動を通じて、JSOLのクラウド運用管理サービス「J-Across」を使用した、AWS上で稼働するSAP社のERPパッケージSAP S/4HANAの運用監視サービスの提供を7月28日から開始する。

 このサービスの特徴は次のとおり。

 1. J-Across for AWS

 クラウド運用管理サービス「J-Across」では、AWS環境とJSOLが提供するAWS連携環境(Zabbix proxy)をVPC Peeringで接続するため、迅速かつ容易に運用監視サービスを開始できる。

 2. 運用監視対象としてSAP S/4HANAに対応

 「J-Across」は、監視機能としてオープンソースの監視ツールであるZabbixを使用しており、高機能な運用監視サービスを従来よりも安価に提供可能。今回は、新たにSAP社が提供する統合パッケージSAP S/4HANAの統合監視に対応した。

 3. SAP S/4HANA統合監視のメリット

 SAP S/4HANAは、複数のコンポーネントで構成されており、コンポーネント全体の統合的な運用監視が必要であり、運用監視にあたってはSAP社が提供する各種の運用監視機能の構築、設定が必要となる。そこで、「J-Across」により、以下を連携させ、SAP S/4HANAを構成するコンポーネント全体の統合監視をワンストップで実現可能となる。

  • Zabbixによる基本的なシステム監視
  • AWSの監視通知機能であるAmazon CloudWatch
  • SAP社が提供する運用監視サーバー「SAP Solution Manager」の最新バージョン7.2
  • SAP製品に備えている監視通知機能「CCMS」

 また、統合監視対象の主なコンポーネントは次のとおり。

  • 「CCMS」を実装しているプライマリーアプリケーションサーバーなど
  • インメモリデータベースSAP HANA(SAP HANA以外のデータベースも対応可能)
  • SAP HANAを稼働させるOS

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5