SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

JSOL、AWS上でSAP S/4HANA向け運用監視サービスを提供開始

 このサービスの特徴は次のとおり。

 1. J-Across for AWS

 クラウド運用管理サービス「J-Across」では、AWS環境とJSOLが提供するAWS連携環境(Zabbix proxy)をVPC Peeringで接続するため、迅速かつ容易に運用監視サービスを開始できる。

 2. 運用監視対象としてSAP S/4HANAに対応

 「J-Across」は、監視機能としてオープンソースの監視ツールであるZabbixを使用しており、高機能な運用監視サービスを従来よりも安価に提供可能。今回は、新たにSAP社が提供する統合パッケージSAP S/4HANAの統合監視に対応した。

 3. SAP S/4HANA統合監視のメリット

 SAP S/4HANAは、複数のコンポーネントで構成されており、コンポーネント全体の統合的な運用監視が必要であり、運用監視にあたってはSAP社が提供する各種の運用監視機能の構築、設定が必要となる。そこで、「J-Across」により、以下を連携させ、SAP S/4HANAを構成するコンポーネント全体の統合監視をワンストップで実現可能となる。

  • Zabbixによる基本的なシステム監視
  • AWSの監視通知機能であるAmazon CloudWatch
  • SAP社が提供する運用監視サーバー「SAP Solution Manager」の最新バージョン7.2
  • SAP製品に備えている監視通知機能「CCMS」

 また、統合監視対象の主なコンポーネントは次のとおり。

  • 「CCMS」を実装しているプライマリーアプリケーションサーバーなど
  • インメモリデータベースSAP HANA(SAP HANA以外のデータベースも対応可能)
  • SAP HANAを稼働させるOS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8322 2016/07/28 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング