SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

MOTEX、セキュリティ対策機能をオールインワンで提供する中小企業向けアプライアンス製品をリリース

 この製品は、10,000社以上の導入実績で培ったノウハウを元に、セキュリティポリシーを設定して納品されるため、ゼロからルールを策定する必要がなく、導入時のハードルが下がるという。また、充実したサポート体制を保持し、一流の専任サポートスタッフが運用支援する。電話やメールでのサポートはもちろん、保守ユーザー専用サイトから各種資料や情報を提供するとしている。

 製品の概要は次のとおり。

 1. IT資産管理(アセットキャット):ハードウェア・ソフトウェアの情報を自動収集。Windows更新プログラムやセキュリティパッチの適用状況を把握し、未適用のPCに一斉適用ができる。また、アプリの稼動管理も行うことができ、未使用アプリの把握や不正アプリのインストールを禁止することが可能。

 2. 操作ログ管理(ログキャット):違反操作があった場合はユーザーに警告表示をするとともに、リアルタイムに管理者に通知し重大なインシデントを未然に防止。操作ログ管理により、企業内部での不正行為による情報漏えいを抑止する環境を構築することが可能。

 3. デバイス制御(デバイスキャット):USBメモリやCD、スマートデバイスなどのデバイス利用を制御し、重要な機密データの情報漏えいを防止。また、管理者以外に登録したデバイスの利用を許可できる責任者設定が可能。

 4. Webアクセス管理(ウェブキャット):Webサイトの利用を監視し、不正サイトへのアクセス制御やデータのアップロード・ダウンロード操作の制御が可能。(Webフィルタリングは含まれない)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8803 2016/12/19 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング