SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

国内金融IT市場、FinTech活用に向けたIT支出が急拡大へ――IDCが予測を発表

2017年の国内金融IT市場は2兆517億円、前年比成長率は1.1%を予測

 2017年の国内金融IT市場は、国内経済は堅調に推移しているが、前年の大型案件の反動もあり、市場規模は2兆517億円、前年比成長率は1.1%を予測している。業態別にみると、メガバンク(前年比成長率:2.2%)、カード(同:2.7%)、ネット証券会社(同:2.5%)では比較的高い成長率で拡大するとみている。

 国内金融機関では、既存サービス強化、または新しいビジネスモデル構築のため、「FinTech」(ITを活用した新しい金融関連サービス)を採用する金融機関が増加している。現時点では、検証段階にとどまっている金融機関が多いものの、一部ではスタートアップ企業などと連携して「FinTech」関連サービスを提供するケースも増えており、2017年以降本格的に増加が見込まれる。

「FinTech」関連IT支出は2017年の110億円から2020年には338億円に拡大

 IDCでは、「個人資産管理」「金融情報/投資支援」「テレマティクス保険など」「会計/経営情報」「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」「決済」「暗号通貨」「ブロックチェーン」の8サービス分野において、サービスを提供、活用するためにスタートアップ企業など外部企業と連携、または自社でシステム開発、運用するためのIT支出額を「FinTech」関連IT支出規模として推計した。

 この結果、国内金融機関における「FinTech」関連のIT支出規模は、2017年に110億円、2020年には338億円に拡大すると予測している。特に広範囲のシステムでの活用が見込まれる「ブロックチェーン」、企業への柔軟な資金提供を可能にする「ソーシャルレンディング/トランザクションレンディング/クラウドファンディング」のIT支出が拡大するとみている。

 2017年以降、「FinTech」ソリューションの提供に本格的に取り組む金融機関が増加し、金融機関とスタートアップ企業との連携もより緊密になるとみている。ただし、金融機関においては、スタートアップ企業との間のセキュリティ面などの懸念が依然として、システム連携、データ連携の阻害要因となっている。

 IDC Japan ITスペンディンググループ リサーチマネージャーの市村仁氏は「ITベンダーは、セキュリティ対策のほか、顧客データ管理/分析といった分野を中心にして、金融機関の『FinTech』ソリューションの提供本格化に向けてのサポートを強化することが重要となる」と分析している。

参考資料:国内金融機関「FinTech」関連IT支出額予測、産業分野別、2015年~2020年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「2016年 国内金融IT市場動向調査:「FinTech」のインパクトと金融機関のIT戦略の変革」にその詳細が報告されている。このレポートでは、国内金融IT市場を18業態(例:メガバンク、地方銀行、生命保険、損害保険、大手証券会社、ネット証券など)に分けて、2016年~2020年の予測、および製品別、主要システム別でのIT支出予測(ATM、営業店端末を含む)を行っている。

 また、金融機関においてビジネスモデル変革を目的とした新しいIT戦略の動向を分析している。国内金融機関、ITベンダー、スタートアップ企業、および他業態の企業における「FinTech」の取り組みを見ていくと同時に「FinTech」関連の金融機関のIT支出額の予測も提供している。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8919 2017/02/01 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング