SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ゾーホージャパン、ManageEngineの特権ID管理ソフトが多要素認証のEVEシリーズに対応

 WindowsのAdministrator、Linux/Unixのroot、Ciscoのenableなど、ユーザーアカウントやデータベースの管理、サーバーのメンテナンス、ネットワーク機器の設定変更等において高い権限を有するIDは、一般に「特権ID」と呼ばれる。特権IDは用途や関係者が多いため、パスワードを共用で使いまわしたり、外部のベンダーに一時的に貸し出したりする企業は少なくないという。

 このように、一律の管理が難しい上、標的型攻撃や内部犯行で狙われるリスクが高い特権IDについては、複数の公的機関より管理体制強化を促すガイドラインが示され、各組織での対応が進んでいるという。中でも、総務省や金融庁から指導が入り、高いセキュリティレベルが求められている地方自治体や金融機関からは、システムを活用して特権IDを一元管理すると同時に、指紋認証等を活用して本人確認のプロセスそのものを強化する要望が多数寄せられている。

 今回、EVEシリーズとの連携検証を完了したことで、「Password Manager Pro」へログインする際のID/パスワードでのユーザー認証を多要素認証(指紋認証、静脈認証、顔認証、ICカードリーダー)に置き換え、確実な本人確認を行える。これにより、なりすましによって特権IDが悪用されるリスクを低減できるとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/8999 2017/02/27 17:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング