SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

プラチナコンサルティング、遠隔地からPC操作が可能な「NetConnectクラウドサービス」を発表

 サービスの主な特徴は次のとおり。

 ・遠隔地からデスクトップ操作が可能:マイクロソフト社が提供するRDPTM(Remote Desktop Protocol)を使用し、遠隔地からオフィスや自宅に設置されているPCが操作可能。各ユーザーのアクセスできるアプリケーションとデータはユーザー属性により管理されているので、アプリケーションとデータの安全性がきめ細かく保護される。端末で表示されるアプリケーションデータは、端末機器本体に存在しないので端末機器紛失や盗難においても情報漏洩は発生しない。

 ・エージェントソフト不要:HTML5からはエージェントソフトなしで利用できる。HTML5環境のビジネスセンターやKioskのPCから設定不要で利用できる。

 ・接続時間の制限なし:接続時間や回数の制限がないので安心して業務使用できる。

 ・セキュアなアクセスを保証:PCへのアクセスはAWS上に構築されたセキュアアクセスゲートウェイNetConnectを経由するので不正なアクセスを防止。端末機器とPCの接続はSSL VPNを利用。承認・認証された端末機器だけにターゲットPCへのアクセスを許可する設定を行うことで、マルウェアに汚染したり不正改造された端末からのアクセスを防止。

 ・データのコピー、移動を防止:アプリケーションは全て利用可能だが、データの端末へのコピーや移動は許可されない。端末の盗難や置き忘れによる情報漏洩を防止。

 ・印刷機能:印刷データはPDFファイルでダウンロードされ手許のプリンタで印刷可能。

 ・オプション:ログインのセキュリティを強化する二要素認証(ソフトトークン)を追加可能。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9100 2017/03/29 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング