SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ラネクシー、ITエンジニア向けのHDDイメージバックアップ・リカバリツールを販売開始

 「ActiveImage Protector 2016-RE」は、Windowsサーバー/クライアント向けの物理・仮想環境両方で使えるイメージバックアップツール。ハードディスク全体をセクターコピーにより、システム、アプリケーション、データ全てを丸ごとバックアップし、イメージファイルとして保存する。システム障害などの際には、ファイル、フォルダー単位での復元はもちろん、OSを含めた全ての復元を簡単に一括処理で行えるという。

 また、バックアップ元が故障している場合には、別の物理マシンや仮想マシンに復元することも可能だ。昨今、導入が増えているパブリッククラウド上のサーバーでも、オンプレミスと同様にバックアップ、復元が可能だという。

 今回リリースする「ActiveImage Protector 2016-RE IT Pro Edition」は、現場でインストールやバックアップ作業を頻繁に行うITエンジニアのために開発されたディスクイメージングのバックアップツールになる。サーバーにバックアップのプログラムやドライバーをインストールせずに高速なバックアップを実現できる。

 「ActiveImage Protector 2016-RE IT Pro Edition」は、1人のITエンジニアごと(OS単位ではなくSE単位)にライセンスされ、仮想/物理サーバーとデスクトップの数に制限はなく、利用期間内は何度でも、どのマシンにおいても使用できる。これにより、ITエンジニアの効率的で経済的なバックアップ・リカバリ作業を可能にするとしている。

 ■ActiveImage Protector 2016-REの特徴

  • ディスク全体のイメージバックアップを取得/一括リカバリも可能
  • 物理マシンから仮想マシンへダイレクトに変換が可能なP2V機能搭載
  • バックアップファイルの肥大化を防ぐ【重複排除圧縮】機能搭載
  • 高速バックアップ/リカバリによるダウンタイムの大幅な短縮を実現
  • 遠隔地へのバックアップファイルレプリケーション機能実装(無償オプション)
  • わかりやすい画面操作で、バックアップもリカバリも簡単設定が可能

 ■ActiveImage Protector 2016-RE IT Pro Editionのライセンス・機能

  • SE単位のサブスクリプションライセンス
  • 利用期間内は台数無制限でWindowsサーバー OS/クライアント OSともにバックアップやリストアが可能
  • 商用サービスにも利用可能
  • インストールレスでバックアップを作成/ストア
  • OSの稼働中にバックアップが可能
  • P2Vやキッティング作業に最適なエディション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9823 2017/09/21 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング