SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Dell EMC、VMware環境向け次世代「Data Protection」を発表

 最新鋭のソフトウェア デファインド データセンター(SDDC)用に構築されているDell EMCのデータ保護機能は、自動化機能の拡張および「VMware vSphere」との統合とともに、包括的なアプリケーションサポートを提供することで、バックアップ/リカバリ作業を合理化するという。新しい「Dell EMC Data Protection Suite for Applications」は、仮想化されたミッション クリティカルなアプリケーションにデータ保護パフォーマンスを提供するという。

 Dell EMCのデータ保護ソリューションのソフトウェア デファインド アーキテクチャは、VMwareのデータ保護ワークフローを自動化することで、よりシンプルでコスト効率に優れたスケールアップを実現する。

 また、このデータ保護ポートフォリオは、「vSphere」とのネイティブな統合性も提供する。VMware管理者は、「vSphere」のユーザーインターフェイス内でデータ保護を直接管理できるので、手間と時間を節約しながらスピンオフ時にすべての仮想マシン(VM) を保護することが可能になり、バックアップおよびIT管理者は管理・監視能力を維持したままで、データ保護のルーチン作業から解放されるとしている。

「Dell EMC Data Protection Suite for Applications」

 新しい「Dell EMC Data Protection Suite for Applications」は、急速に変化するミッションクリティカルな大規模仮想化データベースの技術面および運用面の課題に対応するもの。VMwareハイパーバイザーから「Dell EMC Data Domain」への直接データパスによって、従来の環境との比較で最大5倍高速なバックアップを実現しながら、データ保護プロセスを自動化する。

 アプリケーションおよびデータベースのオーナーは、ネイティブGUIツールの環境内で、アプリケーションとデータベースのセルフサービス データ保護機能を利用しながら、 SQLおよびOracleデータベースのガバナンス、SLO(サービスレベル目標)、ITデータ保護ポリシーの完全な遵守体制を維持することができるという。

 「Dell EMC Data Protection Suite for Applications」は、エンタープライズ環境全体を通じてデータのコピーを既存環境に影響を与えることなく発見するので、企業は、すでに保有しているデータを統合的に監視できるとともに、保護に関するSLOへのコンプライアンスを自動化できる。コピー発見機能は、効果的なセルフサービス環境を保持する上で、ストレージ管理者やデータベース管理者が、ガバナンス、SLO、ITデータ保護ポリシーの完全な遵守環境下で、引き続きネイティブ インターフェイスでコピーを作成できる。

 アプリケーション オーナーがアプリケーション内でネイティブ ツールを使用できる環境によって、SLOの定義、モニタリング、適用をはじめ、オーナーは求めるレベルでコントロールすることができる。同時に、複数のレイヤーで、複数のバックアップ管理者を含む各管理者が作成する管理されていないバックアップ コピーを減らすことにより、管理における過剰負荷を削減することが可能になる。

 「Dell EMC Data Protection Suite for Applications」に加え、「Dell EMC Data Protection Suite for VMware」および「Data Domain Virtual Edition」を通じて、HCI(ハイパー コンバージド インフラストラクチャ)製品の「Dell EMC VxRailアプライアンス」向けに最適化したデータ保護とともに、コンバージド インフラストラクチャ向けの拡張的なサポートを提供するという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/9839 2017/09/25 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング