SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

「変化する情報活用ニーズ、進化しないデータウェアハウス」一覧

  • これからの情報系システムが目指す方向性は「リアルタイム」

     経営がスピードを求め、必要とする情報の質も大きく変わってきています。この変化は、この2~3年で特に顕著になっています。ここで、この変化を整理し...

    220_arena.png
    0
  • データウェアハウス構築の秘訣(2)

     前回に続いて、今回も、「リアルタイム性」や「OLAP」の話題を中心に、さらに深くデータウェアハウスの構築ポイントを解説していきます。

    178_arena.png
    0
  • データウェアハウス構築の秘訣(1)

     前回は、私がデータウェアハウス構築の現場で実際に投げかけられた数々の疑問(質問)の中から代表的なものをいくつか紹介させていただきました。データ...

    123_arena.png
    0
  • データウェアハウスの構築に関する7つの疑問

     業務系システムの構築に比べれば、データウェアハウス・システムの構築は簡単と思われがちですが、現場では様々な疑問が飛び交っています。今回は、それ...

    73_arena.png
    0
  • 情報系システムが支えるスピード経営

     かつて世界中の企業、経営者が注目した「日本型経営」が、急激に変化する経営環境のスピードに耐え切れなくなっています。企業が生き残るために何をすべ...

    14_arena.png
    0

5件中1~5件を表示

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング