SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

『SQLの達人』はいかにして生まれたか?―ミックさん


今回登場するのは、CodeZineでもお馴染みのデータベースエンジニアのミックさん。今ではエンタープライズ領域のデータベース技術の書籍を何冊も出しているようなデータベースのスペシャリストだ。

 ミックさんほどの人物ともなれば、学生時代はさぞやコンピューター漬けの日々を送ってきたのだろうと思いきや、意外なことに、文学部歴史学科に在籍しておりコンピュータの世界とはほとんど関わりはなかったという。データベースに触れたり、プログラミングを本格的にやりだしたのも社会人になってからだ。

 ミックさん
ミックさん

データベースのユーザーから、独学でSQLのチューニングも身に付けた

 そんなミックさんが最初の就職先に選んだのは、シンクタンクだった。そこで厚生労働省や病院とともに医療データを集めて統計分析を行う仕事に就いた。ここで初めて、今でいうBI的な分析のため、データベースに触ることとなる。

 「分析するのに当時はBIツールもまだあまり普及しておらず、スクラッチでアプリケーションを書いていました。当然SQLも手で書かなければならず、上手くいかないこともしばしばでした」(ミックさん)

 データベースをユーザーとして利用する立場で、性能が出なければチューニングも自分でやらなければならない環境だった。データベースに関する知識はもちろん、JavaやC++に触るのも初めて。新人研修で経験し、その後は仕事の中で触りながら憶えていくことになる。学生時代とは畑違いの分野だったが、特に抵抗感はなかった。

 JavaやC++でのプログラミングは違和感はそれほどなかったが、SQLは難しいと感じたそうだ。とりあえず使うならば簡単に使えるけれど、突っ込んだ使い方をしようとすると思うように動いてくれない。しかも、当時はまだ「大規模なデータに対し、がりがりSQLを書いて使うような人がそれほど周りにはいなくて、そのようなSQLを書こうにも参考になる本もない状況でした」と振り返る。

 この頃に唯一ミックさんがSQLを勉強するのに利用したのが『プログラマのためのSQL』だった。教わる人が周りにはいなかったので、この本を読み込んで独学で勉強をすることになる。その他にも分析的なデータベースの使い方では先を行っていた米国から洋書を取り寄せたりもした。こういった本を読みながら手探りでデータベースやSQLの知識を身に付けていったのだ。

次のページ
技術を継承していくために書籍を出してきた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10258 2018/01/26 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング