Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マジックソフトウェア、Dynamics 365などとの連携を強化したシステム連携基盤「Magic xpi」の最新版を提供

2018/01/12 15:00

 マジックソフトウェア・ジャパンは、同社が開発・提供するシステム連携プラットフォーム「Magic xpi Integration Platform(Magic xpi)」の新バージョン「Magic xpi 4.7」を1月12日から販売開始することを発表した。

 最新バージョンでは、日本の「Magic xpi」ユーザーからの要望を取り入れ、開発ツール「Magic xpi Studio」の機能強化を図った。また、Microsoft Dynamics 365との連携やODataプロバイダ機能の追加など、各種連携アダプタ/コネクタ機能が拡張された。

 「Magic xpi 4.7」の主な新機能は次のとおり。

 1.「Magic xpi Studio」のフローエディタ機能追加

  • 1つまたは複数の操作を元に戻す、取り消した変更をやり直す(Undo/Redo)
  • 複数の連携ステップの一括コピー&ペースト
  • 親ブランチとブランチの間にステップを挿入

 2. 各種接続アダプタ/コネクタのアップデート

  • ODataプロバイダ(ODataプロトコルを通じたデータ照会・更新サービスを提供)
  • SharePoint ADFS(アクティブディレクトリフェデレーションサービス)のサポート
  • Dymamics 365のサポート
  • Salesforceコネクタのアップデート(Salesforce API 39をサポート)
  • SAP Business One 9.3サポート

 3. Magic xpaで連携アダプタ/コネクタを開発

 ユーザー独自の連携アダプタ/コネクタを作成できるSDK「コネクタビルダー」ユーティリティは、従来の.NET、Javaに加え、Magic xpaをランタイム技術としてサポート。これにより、超高速開発ツール「Magic xpa」でMagic xpiのアダプタを作成することが可能になった。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5