SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Adobe Summit 2018が開幕、顧客情報のサイロ化を解消するExperience System of Recordとは


 アドビのデジタルマーケティングのソリューションは、昨年、マーケティング・オートメーションからエクスペリエンスへと拡大した。そのアドビのエクスペリエンスのソリューションの最新動向を紹介する「Adobe Summit 2018」が、米国ラスベガスで開幕した。今回からアドビでは、より良い顧客体験を提供するために活動する企業や個人を「エクスペリエンス・メーカー」と呼び、彼らが今どのような顧客体験を提供しているかの事例も数多く紹介されていた。

エクスペリエンスを提供するためのプラットフォームに大きな投資をする

アドビシステムズ CEO シャンタヌ・ナラヤン氏
アドビシステムズ CEO
シャンタヌ・ナラヤン氏

 「人々はエクスペリエンスを買うのであり、もはや製品を買うのではありません」―こう語るのは、オープニングの基調講演に登場したアドビシステムズ CEO シャンタヌ・ナラヤン氏だ。今日、エクスペリエンスのための製品やサービスという視点で選択している。

 サブスクリプション型のビジネスが伸びているのも、製品ではなく体験がビジネスになっていることの証しでもある。また、さまざまなデバイスにまたがって、より良い体験を提供することが重要だという。そしてこれはコンシューマ向けのビジネスだけの話ではい。すでにBtoBの領域でもエクスペリエンスが重要となっている。

 そしてアドビらしい指摘となったのが、素晴らしいエクスペリエンスを提供するには素晴らしいデザインが必要だということ。これはアドビのビジネスの中核でもある。現状、AIなど技術的進歩があり、顧客体験を提供する可能性は大きく広がっている。その中では、コンテンツなどがしっかりとデザインされてないと、最良な顧客体験は提供できない。それができることが、企業のビジネスにおける競合力となる。

 ナラヤン氏によれば、最良のエクスペリエンスを提供するにはインテリジェンスが必要だ。そのためにはデータが必要であり、それに対しミリ秒単位でアクセスできなければならない。たとえばインテリジェンスを使いデータを学習し異常を検知してすぐに解決する。あるいは顧客の体験をもとに、タイムリーリーに最良なコンテンツを提供し購買を促す。データやコンテンツは大量に存在しており、それらを深く理解して適切に判断しなければならない。「このコンテンツを理解して判断するところは、その世界をアドビが最も良く理解しています」と自信を見せる。

 素晴らしい顧客体験をエンタープライズレベルで実現するには、新しいアーキテクチャが必要だ。これは単に仕組みをクラウドに移行すれば実現できるものではない。それぞれの組織の中にある顧客情報を管理するシステムの、サイロ化を解消する必要がある。サイロ化を解消するには、「プラットフォーム」という考え方をしなければならない。「アドビはこのプラットフォーム化のところに大きな投資をしています」とナラヤン氏。

 アドビではAdobe Creative Cloudで、個々のソフトウェアを提供する形からクラウド上のプラットフォーム化へと刷新した。これは世界規模で成功を収め、プラットフォームの上で各製品をシームレスに連携させ、コラボレーション機能で新たなクリエイティブな業務のやり方も示した。Adobe Document CloudとPDFでも、人々の情報との関わりを変え、紙からデジタル化を推進し新たなイノベーションを起こしている。

 同様にAdobe Experience Cloudにおいても、プラットフォーム化に積極的に取り組んでいる。それにより、パーソナル化した経験を全てのタッチポイントで提供できる。「スクリーンがあるところでは、その全てで一元化した顧客体験を提供できます。アドビではカスタマージャーニーに焦点を当てており、それを顧客と一緒に実現しています」とナラヤン氏は言う。

 「デジタル・トランスフォーメーションが、今まさに進んでいます。アドビは多くの顧客、パートナーとともにエクスペリエンス・ビジネスを展開したいと考えています」(ナラヤン氏)

 会場の参加者がエクスペリエンス・メーカーであり、エクスペリエンス・メーカーがデジタル・エクスペリエンスで世界を変えるとナラヤン氏は語った。

次のページ
Adobe Cloud PlatformはExperience System of Recordのためのプラットフォーム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/10546 2018/04/05 10:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング