Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

開発レスで組織横断可能な業務アプリケーションを迅速に構築、同一プラットフォームで開発から運用までをサポートするNow Platformとは

2018/09/03 06:00

 Forbesにより世界で最も革新的な企業と認定されたServiceNow。同社はサービスマネージメントを軸に、あらゆる業務をシームレスにつなげて業務を効率化するためのプラットフォームを提供している。デジタルトランスフォーメーションを進めたい企業が既存の基幹系システムと連携して、開発レスで簡単に素早くアプリケーションを構築したいといった要求を実現するServiceNow Now Platformとは――。ServiceNow Japanソリューションコンサルティング統括本部 第一ソリューションコンサルティング本部 本部長の佐々木俊行氏とプロフェッショナルサービス統括本部 ソリューションアーキテクトの矢落亮一氏に語ってもらった。

業務アプリケーションを迅速に開発するプラットフォーム

ServiceNow Japanソリューションコンサルティング統括本部 第一ソリューションコンサルティング本部
本部長 佐々木俊行 氏
 エンジニア、ソフトウェアプリセールス並びにセールスエンジニアリーダーとして、20年以上にわたりIT業界に携わる。現在はServiceNowにおいて、エンタープライズクラウドサービス提案における、ソリューションコンサルタント部隊のリード並びに顧客の「働き方変革」や「デジタルイノベーション」を実現するコンサルタント業務に従事する。

 ServiceNowのプラットフォームは、マルチインスタンスで構成されセキュアで企業のコンプライアンスも確保でき、拡張性のあるクラウドインフラがベースに存在する。そのクラウドインフラの上には、統合データベースやワークフロー、サービスカタログ、開発ツールなどの共通コンポーネントがある。そしてこれら共通コンポーネントを活用して構築された「ITサービス」「セキュリティ」「顧客サービス」「人事サービス」という4つの業務をパッケージ化したSaaSを提供している。

 ServiceNowにはもう1つ、業務オペレーションを効率化するアプリケーションを開発するためのApplication PaaS(aPaaS)がある。これは「ServiceNow Now Platform」と呼ばれ、SaaSと同じクラウドインフラをベースとしており、共通コンポーネントを活用した迅速なアプリケーション開発が可能となっている。

出典:ServiceNowJapan作成[画像クリックで拡大表示]

 「Now Platformを使えば、組織を横断して利用できるアプリケーションを簡単に構築できます。さらに高度なユーザー体験を提供するリッチなユーザーインターフェイスも容易に実現できます」と言うのは、ServiceNow Japan株式会社 ソリューションコンサルティング統括本部 第一ソリューションコンサルティング本部 本部長の佐々木俊行氏だ。

 企業にはERPなどの基幹系システムがあり、それを取り巻くさまざまな業務アプリケーションが構築されている。これらの多くは時にはMicrosoft Excelのマクロで、あるいはMicrosoft Accessや古くはLotus Notesなどを活用し、ばらばらに構築されてきた。このようなアプリケーションの開発にはかなりの手間とコストがかかっており、できあがったアプリケーションでは企業のコンプライアンスを確保することもままならないという課題を抱えていた。

 もう1つの課題が、昨今のアプリケーションには高いレベルのユーザー体験が求められること。最近入社してくる若手社員は、日常的にスマートフォンを使いこなしSNSにも慣れ親しんでいる。そんな彼らが就職し最初に面食らうのが、社内利用のアプリケーションの使い難さだ。長く企業にいる社員は、社内システムの使い勝手は悪いものと諦めているが、若い世代は使い勝手の悪いアプリケーション利用を強いられると、従業員満足度が著しく低下し結果的に会社を離れてしまうかもしれない。

 これら課題を解決するのが、aPaaSのNow Platformだ。Now Platformを使えば、確実に証跡を残し監査要求にも十分に応えられるアプリケーションの構築も容易だ。また、クラウドインフラ上に用意されている共通コンポーネントを組み合わせることで、コードをほとんど書かずに素早くを開発できるのも特長だ。さらにNow Platformで構築されたアプリケーションは、PCなどだけでなくスマートフォンからでも便利に使え、リッチなユーザーインターフェイスも提供する。

Now Platformで企業アプリケーションのライフサイクルを一元管理

 モバイル端末にも対応したリッチなユーザーインターフェイスのアプリケーション開発を外部に委託するとなると、大きなコストと時間が必要になる。そのため「今やアプリケーションの内製化は、IT部門にとって大きな課題です。自前でやりたいけれどJavaなどに精通し複雑な開発環境を使いこなせる人材はなかなか確保できません」と佐々木氏。高いプログラミングスキルの人材がいなくても、迅速に業務アプリケーションを内製化したい。そんな企業の要望に応えるのがNow Platformだ。

ServiceNow Japanプロフェッショナルサービス統括本部 ソリューションアーキテクト 矢落亮一氏
 2014年にServiceNow Japanに入社。ソリューションコンサルタントとして大型案件の提案に携わる。現在はアーキテクトとして、製品をより効果的に活用するための技術的なベストプラクティスの提供や、顧客のCoE活動を支援している。

 さらに、このNow Platformは単なる開発環境だけではない。「開発の前後を含むアプリケーションのライフサイクル全てを管理できます」と話すのは、ServiceNow Japan株式会社 プロフェッショナルサービス統括本部 ソリューションアーキテクトの矢落亮一氏。本番環境への展開、運用はもちろん、テストやテストケースの管理、運用後の変更管理などトータルにアプリケーション管理が行えるのだ。

 「開発基盤と実行基盤を同一のプラットフォームで提供しているのが、Now Platformの大きな特長です」(矢落氏)

 事実、日常の業務プロセスの多くに複数部門が関わっている。たとえば新たに人が採用されプロジェクトに参加したとする。採用された人はプロジェクト開始前に人事のポータルサイトにアクセスし、給与口座の登録や通勤経路など人事部門に宛てた申請を数多く行わなければならない。さらに、プロジェクトで必要なシステムアカウントを申請し、作業環境の準備を情報システム部門に依頼するだろう。

 このような煩雑な処理をせずに、必要な情報を1度入力するだけで複数部門が関わる申請や処理を自動で行うようなアプリケーションがNow Platformならば簡単に構築できる。部門をまたがった処理は、社員の退社時などにも極めて重要だ。人事で退社のプロセスが終了していても、重要システムにアクセスできるIDが残されているといった情報システム部門の処理が終わっていないということも少なくない。現場業務の目線で、部門間のプロセスをシームレスに処理する。そういったアプリケーションが、統一したクラウドインフラを持つNow Platformならば簡単に構築できる。

出典:ServiceNowJapan作成[画像クリックで拡大表示]

 Now Platformでは、ServiceNowのSaaSも含めシングルデータベースでアプリケーションを構築できる。そのため、アプリケーションの利用で収集されるデータは一元管理され、それを分析することで新たな知見を得ることもできる。ここで得られる知見を使いビジネスプロセスそのものを変革し、企業のデジタル変革の支援にも繋がる。

アプリケーション開発のあらゆる要求に柔軟に対応できる

 Now Platformでは、簡単なロジックはGUI操作でコードを書かずにアプリケーション化できる。データ入力、検索、変更などの基本操作の部品が揃っており、これらにワークフローを適用すればアプリケーションがすぐ形になる。あらかじめ連携の設定をしておけば、ERPとのデータをやり取りするアプリケーションも構築できる。

 また「もっとリッチなアプリケーションを作りたければ、プロコードにも対応できます」と矢落氏。プロコードとは、専門知識をもつ開発者がUIやビジネスロジックをスクリプトで実装する開発を指し、Webアプリケーション開発では標準とも言えるJavaScriptがベース。そのため、Now Platformでの開発のために特別な開発言語スキルを習得する必要はない。

 「ワークフローやデータベースも用意されているので、ミドルウェアをインストールしてセットアップする手間もありません。開発や運用の環境を気にせずに、どのようなアプリケーションを作るかのところに専念できます」(矢落氏)。

 既に、1からコードを書きアプリケーション構築することに限界を感じている企業は多い。そのためクラウドへの関心が高まっており、さらにAPIエコノミーのような考え方も浸透してきた。またSaaSのように便利なものがあればどんどん利用する動きも活発化している。これらアプリケーションを取り巻くトレンドにぴったり当てはまるのが、ServiceNowのプラットフォームだ。

 「すぐに全てのアプリケーションをServiceNowへ移行できないかもしれません。まずは新たに作るアプリケーションだけをNow Platformで構築し、既存のアプリケーションと連携させる。そこから徐々にServiceNowに移行するアプローチが現実的でしょう」(佐々木氏)

 ServiceNowプラットフォームにはETL機能もあるので、システム間連携のためにコードを書く必要もない。このようにServiceNowのプラットフォームには、便利な機能が数多く備わっている。とは言えそれら全てを使わなければならない訳ではもちろんない。「必要なものだけを使い、小さく始めて短期間で成功を得る “Small Start, Quick Win” から始めるのも、成功しやすいアプローチの1つです」と矢落氏も言う。

 また、旧来のアプリケーション環境の移行を目的にNow Platformを採用する事例も増えている。たとえば働き方改革を進めるために、モバイル対応やセキュアなリモートアクセス環境を実現したいと考え、Lotus Notesなどで構築してきたレガシーなアプリケーションを一気に移行する。Now Platformではアプリケーションを集中管理でき、データも集約されコンプライアンスやガバナンス面でも安心して利用ができる環境となる。

出典:ServiceNowJapan作成[画像クリックで拡大表示]

企業全体のプロセスのオーケストレーションも可能に

 ServiceNowでは3年後までのロードマップを公開しており、それに沿って年に2回のアップデートを実施している。同社では常に顧客からのフィードバックを取り込み、プラットフォームを進化させている。ServiceNowでは世界中にデータセンターを配置し、可用性の高い環境を提供している。2カ所のデータセンターをペアにして世界中8拠点に展開しており、単一障害点は存在しない環境となっているのだ。その結果「実稼働ベースの可用性は99.995%と極めて高いものがあります」と矢落氏は言う。

 さらにインフラ部分は共有化しているが、その上のインスタンスは顧客ごとに占有する形式を取っている。よって、他の顧客のアプリケーション処理による影響を受けないという特長もある。インスタンスより上のバージョンアップタイミングは、顧客の都合に合わせて選べ、自由度も高い。

 「Now Platformは、旧態依然としたシステムの呪縛から抜け出したいと考えている組織で是非とも検討して欲しいものです」と佐々木氏。企業の中の業務プロセスをトップレベルから変えていく意識を持った企業であれば、ServiceNowのプラットフォームは大いに役立つだろうと言う。そして「ServiceNowのプラットフォームを活用することで、企業全体のプロセスをオーケストレーションすることも可能です。こういったところは、エンジニア的にも興味深いところだと思います」と矢落氏。このような企業のデジタル変革を促進する大きな可能性が見えるプラットフォームの導入は、エンジニアのやりがいを刺激するだろうとも続ける。

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • Operation Online編集部(オペレーション オンライン ヘンシュウブ)

    Operation Online 編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供する企業の「ITマネジメント」と「システム運用」に特化した専門メディア「オペレーションオンライン(Operation Online)」編集部です。「オペレーションオンライン」では、IT戦略/企...

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5