Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CData、API開発・運用基盤「CData API Server」2018版をリリース

2018/09/13 14:45

 CData Software Japanは、API開発・運用基盤「CData API Server」の2018版をリリースした。2018版では、IoTデータの活用のためのCSVファイルデータのAPI化や、エンタープライズデジタルトランスフォーメーションをサポートする管理API機能、スケーラブルなデプロイ機能の強化、Windows認証(AD連携)を含むAPI利用ユーザー管理機能強化を追加している。

 「CData API Server」は、RDBなど豊富なデータソースから本格的なREST APIを構築・ホストできるAPI開発・運用基盤。ユーザーは、(1)RDBなどのデータソースへの接続、(2)公開リソースの設定、(3)ユーザー設定の3ステップでコーディングなしでOpen API Initiative(Swagger)準拠のAPI および自動生成されたドキュメントが公開できる。

 「CData API Server」2018版の主要な機能は次のとおり。

1. IoTデータのAPI化による活用

 ・AWS S3、Google Drive、Boxなどのクラウドストレージ内のCSV、JSON、XMLファイルを直接API公開することが可能に。

 ・NoSQL DBにストアされているデータのスキーマ検出やOData/Swagger対応エンドポイント変換によるデータ分析・AI基盤への連携の実現。

2. デジタルトランスフォーメーション(DX)のサポート

 エンタープライズ内外のデータのAPI化、クラウドサービス(SaaS)のAPI公開の促進によるデジタルトランスフォーメーションを推進。既存サービスへのAPI Serverの組み込みやスケーラブルなAPI サーバー運用を容易にするための各機能を追加。

 ・APIライフサイクルサポートのための機能追加

 管理API機能:リソース作成やコネクション作成、ユーザー設定を外部アプリからAPIで実行可能に。クラウドサービス(SaaS)やウェブサービスのUIからのAPI Server統合を簡単に。

 管理コンソールでのエンドポイントの一括作成機能

 ・ID管理機能

 Windows 認証(AD連携):社内のActive Directory基盤をAPI Serverで利用可能に。ほかにも既存のユーザー名とパスワードをAPI Serve のユーザーにインポートが可能。

 リソース毎のアクセスコントロール設定:リソース毎にユーザー+グループ単位で、読み取り(GET)/更新(POST/PUT/DELETE)のアクセス権限を設定可能。カラム単位での細かい権限設定も対応。

 ・デプロイ機能強化

  AWS でのオートスケールやロードバランシングをサポート

3. APIエコシステム構築のための標準インターフェースサポート

 ・CData API Server Drivers (ODBC/JDBC/ADO. NET) β版をリリース

 APIユーザーが利用するBI、ETL、DWH、RPAツールへのシームレスなアクセスを実現するDriversのβ版をリリース。Tableau、Power BIなどのBIツール、ASTERIA WARP、TalendなどのETL、Excel、Access、.NETアプリやJavaアプリから標準SQLでAPI ServerのREST APIを利用可能に。公開APIの利用促進や、マイクロサービス構築時の既存アプリケーションとの連携コストを圧倒的に削減。

 ・REST APIの標準であるOData 4.0やSwagger 2.0をサポート

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5