SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Security Online Press

新しい子どものような存在――トレンドマイクロ CEO エバ・チェン氏、OTやIoT分野へ意欲

 2019年3月27日、トレンドマイクロは2019年事業戦略を発表。OTやIoT領域への注力、パートナーへのSOC支援などを打ち出した。

エバ・チェンCEOが力説するサイバーセキュリティの極意とは

 「(ネットにはびこる)脅威は醜悪で扱いにくい。しかし全体像を理解すれば、脅威はきれいにできます。脅威に備え、対抗し、迅速に復旧すれば、お客様はより多くのことを実行できます」

トレンドマイクロ 代表取締役 兼 CEO エバ・チェン氏

 記者説明会の冒頭、トレンドマイクロ 代表取締役 兼 CEO エバ・チェン氏は「サイバーセキュリティの極意」として、このように力説した。現実を見渡すと多様な脅威が複雑化し、ツールや人材のスキルが不足している企業は苦戦している。トレンドマイクロには長年培ったサイバーセキュリティの知見があり、その強みを各種ソリューションやSOC支援という形で企業の課題解決に応えようと考えている。  

 背景となる最新動向を確認しておこう。トレンドマイクロの「法人組織におけるセキュリティ実態調査 2018年版」によると、2017年の1年間に、国内法人組織の42.3%がセキュリティインシデントに起因する重大被害を経験していることが明らかになった。なかでも、業種特殊環境(通常の情報系ネットワークではない環境)におけるインシデント発生率は全業種平均で34%、これは3年連続で増加傾向にある。これまでクローズドでセキュリティ対策は不要と思われていた領域にも目を向ける必要が高まってきている。

 またトレンドマイクロの監視サービスで生成されるアラートは1組織当たり月平均で約36万件にも上る。その中で、C&Cサーバーとの通信や内部活動など、標的型サイバー攻撃を示唆するアラートは1組織当たり月平均で778件。全体のわずか0.2%でしかない。大量のログやアラートからいかに標的型サイバー攻撃の痕跡を可視化することが課題となっている。

次のページ
2019年の事業戦略ポイント:組織横断型、SOC支援、IoT推進強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Security Online Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加山 恵美(カヤマ エミ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/11874 2019/04/04 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング