SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

マイケル・デルが語る、マルチクラウドの新定義

Dell Technologies World 2019 キーノートレポート


 2019年4月29日、Dell Technologiesの年次カンファレンスイベント「Dell Technologies World 2019」が、米国ラスベガスで開幕した。Dellは2013年に株式を非公開としてプライベート化し、短期的な業績に縛られず長期的な視点で戦略を立て投資できる体制を選択した。その体制で2016年9月にはEMCを買収し、新たにDell Technologiesを設立する。そこから2年ほどが経過した2018年12月には、再び株式を公開し上場を果たしている。再上場後の新体制で初めてとなる今回のイベントで、一段と存在感を増したのはDell Technologiesファミリーの中のVMwareだった。

Dellのマルチクラウドはエッジからコア、そして複数のクラウドサービスを包括的にサポート

Dell TechnologiesのCEO マイケル・デル氏
Dell TechnologiesのCEO マイケル・デル氏

「Dell Technologiesを立ち上げた時、サーバーとストレージ、そして仮想化を1つにできれば、顧客に素晴らしいソリューションが提供できると考えました」と語るのは、Dell TechnologiesのCEO マイケル・デル氏だ。これら3つが一緒になったDell Technologiesのビジネスは、その後順調に推移している。主要な製品領域では、マーケットシェアNo1を獲得するに至っているのだ。

 Dell Technologiesでは、顧客企業のデジタルトランスフォーメーションに貢献するため、最近5年間に約200億ドルの研究開発投資を行っている。Dell Technologiesがどの技術に投資するかは、十分に顧客の声を聴き、決めているという。創業から間もなく35周年。「この35年間に世の中ではめざましい技術の進歩があり、それが人々の進化に貢献してきました。そして今や技術は民主化し、その結果として人類の進歩も素晴らしいものがあります」とデル氏、この技術の進化を牽引する立場にあるのがDell Technologiesだ。

 ところで、Dellが株式を非公開化した2013年頃のIT市場動向は、クラウドファーストで全てがパブリッククラウド化に向かい、サーバーやデータセンターのビジネスはなくなるのではとも考えられた。しかしながらこのトレンドには変化もあり、現在はクラウドだけでなくエッジコンピューティングに大きな関心が集まっている。クラウドファーストと言われ始めた頃は、パブリッククラウドとプライベートクラウドのどちらを選択するのか、あるいはそれらを共存させ利用するハイブリッドクラウドが現実的だとの話題となっていた。現状では、さらに複数のパブリッククラウドを利用するマルチラウドに注目が集まりつつある。

 Dell Technologiesファミリーには、SAP ERPなどのミッションクリティカル・トランザクションに最適化したクラウドサービス「Virtustream」がある。とはいえそれ以外には、独自のデータセンターでパブリッククラウドのサービスを展開していない。基本的に自社でクラウドは持たないDell Technologiesの戦略は、さまざまなクラウドを利用するマルチクラウドだ。とはいえ、彼らの言うマルチクラウドは他とは少し異なる。

 Amazon Web ServicesやIBM Cloud、Microsoft Azureなど複数のパブリッククラウドをサポートして、それらを相互に利用できるようにするだけでない。これらクラウドに加え、コア(プライベートクラウド)からエッジまでのコンピューティング・インフラを、包括的かつシームレスに運用できるようにするソリューションとしてマルチクラウドを位置づけているのだ。

「エッジからコアのコンピューティングを提供し、その上で全てのパブリッククラウドが我々のパートナーです。さらにDell Technologies Cloudは、Kubernetesのコンテナ技術にも対応しています」(デル氏)

次のページ
DellとEMCが統合したからこそ生まれたサービス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/12030 2019/05/16 11:34

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング