Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

サクサ、中小規模オフィス向けUTM(統合脅威管理アプライアンス)に新製品「SS5000II」を発売

  2019/08/26 15:00

 サクサは、中小規模オフィス向けUTM(統合脅威管理アプライアンス)「SS5000」シリーズに新たなサービス、機能を追加した「SS5000II」シリーズを9月2日から発売すると発表した。

「SS5000II」で新たに追加・強化された主な特徴

 1.「無料ウイルス駆除サービス」を全ラインアップへ拡大

 現行のSS5000では、万が一PCがウイルスに感染してしまった場合に、ウイルス駆除サービスを一部のシリーズで提供していたが、今回新たにウイルス駆除サービスの対象機種を全ラインアップへ拡大するとともに、万が一リモートでウイルス駆除できない場合でも、現地訪問対応を実施。

 2. バージョンアップ

 SS5000、SS5000IIともに9月初旬にバージョンアップが行われる予定。

 (1) サクサ見える化サイト

 現行の「サクサUTM見える化ツール」を各種グラフなどの視認性をアップするとともに、黒を基調とした高級感ある画面デザインへ刷新し、見やすく利用しやすいよう変更。

 (2) C&Cサーバ検知+通知機能

 PCがC&Cサーバと通信するマルウェア等に感染した場合、C&Cサーバとの通信をブロックするとともに、登録したメールアドレスへ警告メールを通知。

 (3) セキュリティ強化(GE1000連携)

 情報セキュリティゲートウェイ「GE1000」と連携することで、社内ネットワークで異常な通信をしているPCを検知し、ネットワークから隔離することができるので、万が一外出先でPCがウイルス感染してしまっても、ウイルスの拡散(メールばら撒き)や外部サーバへの感染ファイル転送を未然に防ぐことができる。また、当該PCの情報が管理者にメールで通知される。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5