Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インフォセックとパロアルトネットワークス、包括的な脅威の検出・調査・対処を実現するMDRサービスを提供開始

  2019/09/13 12:00

 パロアルトネットワークスとインフォセックは、パロアルトネットワークスの検出・調査・対処アプリケーション「Cortex XDR」を利用した日本初のMDR(Managed Detection and Response)サービス「MDRサービス powered by Cortex XDR」を9月末から提供開始すると発表した。

「MDRサービス powered by Cortex XDR」の特徴

 「Cortex XDR」は、オープンなセキュリティプラットフォームCortexによりエンドポイント/ネットワーク/クラウドのデータを包括的に統合し、高度な攻撃を阻止する、業界初の検出と対処のアプリケーション。行動分析や機械学習、AIを活用して、管理されているデバイス、されていないデバイスを問わずに、あらゆるデータソースから未知の脅威や回避性の高い脅威を特定するという。

 「Cortex XDR」は、異なる種類のデータをつなぎ合わせることで、アラート数を自動的に減らしつつ脅威の根本原因を明らかにし、セキュリティ担当者のインシデントへの優先順位付けと調査に要する時間を最小限に抑える。対処機能との緊密な統合により、脅威へ迅速に対応し、調査から得られたインテリジェンスを元に同様の攻撃を検出できる。

 「Cortex XDR」は、独立したEPP(Endpoint Protection)やEDR(Endpoint Detection & Response)、NTA(Network Traffic Analysis)やUEBA(User and Entity Behavior Analytics)の機能を単一のプラットフォームとアプリケーションに集約しており、独立したセキュリティツールを減らしながら、企業や組織全体にわたる可視性と制御を提供する。

 インフォセックをはじめとするパートナー企業は、「Cortex XDR」によるMDRサービスを構築することで、顧客企業がコアビジネスに集中できるよう、コンプライアンスの対応やセキュリティリスクの排除、クラウド移行の管理を支援するとしている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5