SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

コンプライアンス“まる”プラクティス

J-SOX対応で業務のたな卸しをしたところたくさんの例外的な取引がみつかるわみつかるわ…どうしよう?

第1回


【まるプラクティス】mal-practice。「まる」は、マルウェアなどの「まる(mal)」で、ラテン語で「悪い」「不完全な」といった意味を持ちます。ベストプラクティスの反対語にあたる「まるプラクティス」。失敗事例を検証・考察することで改善につなげます。

Question

Question

 J-SOX対応で業務のたな卸しをしたところ、顧客に合わせて細かい業務フローの違いがたくさんあることが明らかになりました。業務記述書もそれぞれの違いによって変えていかないといけないのでしょうか?

story

Answer

 そういうわけではありません。キーコントロールが同じであれば細かい違いに応じて業務記述書やフローチャートを細かく書き分ける必要はありません。つまり、業務記述書やフローチャートというのは各プロセスを細かく網羅的に書く必要はないということです。

 そもそも、業務記述書やフローチャートをなぜ書く必要があるのでしょうか? それはキーコントロールを識別し、コントロールの整備状況を評価するために必要となるわけです。業務記述書やフローチャートを書くことが目的ではありませんね。

 初年度は、業務記述書やフローチャートを細かく書きすぎた会社が多いように思います。これでは業務プロセスにちょっとした変更がある度に業務記述書やフローチャートを書き換える必要があるかもしれません。キーコントロールは変わらないにもかかわらずです。

 2年以降は、書きすぎた業務記述書やフローチャートを簡素化することが内部統制評価業務の効率性を上げるためには重要となってくるかもしれませんね。皆さんも業務記述書やフローチャートが書きすぎになっていないか確かめてみてはいかがでしょうか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
コンプライアンス“まる”プラクティス連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1264 2009/07/10 16:34

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング