Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

RSAが人員増員で日本のビジネス強化、企業のデジタルリスク低減を支援

edited by Security Online   2020/01/29 17:45

 EMCジャパンのセキュリティ部門であるRSA事業本部は1月28日、2020年度における日本でのビジネス強化プランを説明した。日本向け人員の増強やサービス部門の強化、パートナー企業との強固なビジネス協業を推進することで、デジタル化に伴う「デジタルリスク」の低減を支援する。

人員約10%増強で顧客支援を拡充

EMCジャパンRSA事業本部 ゼネラルマネージャー 貴島直也氏

EMCジャパンRSA事業本部 ゼネラルマネージャー 貴島直也氏

 説明に登壇したEMCジャパンRSA事業本部でゼネラルマネージャーを務める貴島直也氏は、「RSAは企業の成長促進の要である『デジタルリスク管理』を指針とし、『デジタルトランスフォーメーション(DX)に潜むリスクの可視化』『AIの導入、およびインシデント対応の自動化推進によるサイバー攻撃分析の省力化』『多様化する本人認証強化方法への対応』の3つで社会に貢献していく」と語った。

 RSAではデジタルリスク管理を、「インシデントの影響を測定し、そのリスクを軽減させる手法」と定義している。「特に日本ではセキュリティ/リスク管理を担う人材が不足している。RSAでは技術による省力化で顧客を支援したい」(貴島氏)

 日本におけるデジタルリスク管理のビジネス強化プランでは、攻撃者の高度化に対応するため、ユーザーとのデジタルリスク情報共有を強化する。具体的には、日本でのRSAユーザー会の開催や、「RSA Conference」などへの参加同行と支援、日本のユーザー事例紹介の拡充などだ。

 RSAユーザー企業どうしの情報交換について貴島氏は、「すでに1回開催したが、約20名のユーザーが参加し、標的型サイバー攻撃対策スイート製品であるRSA NetWitnessのチューニング方法などの情報交換をされていた。NetWitnessではさまざまな情報を可視化できる。過去、日本企業はこうした情報を社外に出すことに消極的だったが、ユーザー間で交換するのが普通になってきたという印象を持った」と述べた。

 日本向け人員の増強では、リスク管理製品担当者、サイバー攻撃対策プロフェッショナル、B2Cサービス向け認証製品の担当者をそれぞれ拡充していく。また、サービス部門の強化では、セキュリティ相談窓口(ホットライン)の増強、インシデントが発生していることを前提としたハンティングサービスの支援、サービス部門の営業人員を増やしていくとのことだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 鈴木恭子(スズキキョウコ)

    ITジャーナリスト。 週刊誌記者などを経て、2001年IDGジャパンに入社しWindows Server World、Computerworldを担当。2013年6月にITジャーナリストとして独立した。主な専門分野はIoTとセキュリティ。当面の目標はOWSイベントで泳ぐこと。

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5