SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

保守工数削減の現実解「脱・属人化」のススメ

いかにして保守コストを削減するか? ~脱「属人化」のためのロードマップ

無計画に脱「属人化」を進め、いつ終えたらいいか分からない。誰もそんな活動はしたくないでしょう。脱「属人化」を始めるにあたっては、目標を設定し、目標達成につながる活動を計画することが必要です。今回は脱「属人化」の成功に至るまでのロードマップを解説します。

脱「属人化」のロードマップ

 前回は、特定の担当者に「属人化」した保守プロジェクトでは、さまざまな面で無駄が発生することを紹介しました。まず、保守に際して無駄なコストがかかります。また、工期の長期化、体制の硬直化、品質の劣化にもつながります。

 「属人化」を脱することで、担当者以外の人でもシステムを保守できるようになります。その結果として保守プロジェクトの自由度が増え、さまざまな無駄をプロジェクトから追いやることができるのです。今回は、脱「属人化」を行うためのロードマップを示します。

 脱「属人化」に即効薬はありません。「何か」をすれば、その日から「他の人でも保守できる」といった風にはいかないものです。しかし、これは「できることが何もない」という意味ではありません。しなければいけないことはいろいろあります。

 とは言っても、保守の脱「属人化」は売上に直結する活動ではないため、一度に十分な工数をかけて行うことを、組織の決裁者は認めないものです。脱「属人化」はコツコツと進めること、そして少しずつ効果を上げていくことが、成功の近道と割り切ることが大事です。

 属人化を脱した「他の人でも保守できる」と呼べる段階には、「元担当者のフォロー付きで保守できる」段階と、「独力で保守できる」段階の2段階があります。この2つの段階を目標に据えて、次のような活動を行うことが必要になります。

脱「属人化」のロードマップ
脱「属人化」のロードマップ

次のページ
「元担当者のフォロー付きで保守できる」ための活動

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
保守工数削減の現実解「脱・属人化」のススメ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

山内 亨和(ヤマウチ ミチタカ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1302 2009/04/01 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング