EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT澤田社長、NEC新野社長が資本提携会見、IOWN、O-RANで新メイドインジャパンを目指す

edited by Operation Online   2020/06/26 12:00

 NTTとNECは6月25日、資本業務提携を発表。NTTがNECに出資する形で次世代通信技術分野で協力する。NTT澤田社長、NEC新野社長が登壇し、オープン化を促進するとともに、IOWN、O-RANなどの技術への積極投資によって世界市場の中での巻き返しを図ることが狙いだという。

NTT 代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏
NTT 代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏

 記者会見にはNTTの代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏、NECの代表取締役 執行役員社長 兼 CEOの新野 隆氏が登壇。会見の模様はオンラインで配信された。

 NTT澤田社長は、「従来の通信事業者主導の垂直統合モデルではイノベーションが進みにくいため、O-RAN(Open Radio Access Network Alliance)などのオープンアーキテクチャを進める。NTTの掲げる次世代ネットワーク構想『IOWN』を進める上でも、NECとの共同の研究開発が重要だ」という。IOWNはエレクトロニクスからフォトニクスへの転換を目指すものであるが、今回の提携で、IOWNのオールフォトニクスの分野を中心に、NECと研究開発をおこなうという。

 またNEC新野社長は、「今回の提携はオペレーターとメーカーの垣根を超えた対等なもの」と語り、今後の両社が取り組む以下の研究開発分野を示した。

NEC 代表取締役 執行役員社長 兼CEO 新野 隆氏
NEC 代表取締役 執行役員社長 兼CEO 新野 隆氏
  • O-RAN準拠の国際競争力のある基地局の共同開発
  • 低消費電力化を兼ね備えた小型光集積回路(DSP)
  • IOWN構想のための光/無線デバイスの共同開発
  • 海底ケーブルシステムの大容量化、高機能、低コスト化
  • 宇宙通信の大容量、低遅延、自動/自律化
  • インフラ・ネットワークのセキュリティの技術

 こうした活動を通じてオープン化を促進し、「日本発の革新的な製品を世界に発し、新メイドインジャパンを実現する」とNTT澤田社長は宣言した。また、今回NTTがNECの第三者割当増資の引受の最大の目的は、「共同研究開発のため」と説明した。

NEC 代表取締役 執行役員社長 兼CEO 新野 隆氏、NTT 代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏

(左より)NEC 代表取締役 執行役員社長 兼CEO 新野 隆氏、NTT 代表取締役社長 社長執行役員 澤田 純氏



著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5