SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

Oktaが業務アプリの調査発表、2020年はグロース系SaaSが続々とランクイン

Okta『Business At Work 2021』発表


 Oktaが2020年の業務アプリの利用動向に関する年次調査「Business At Work 2021」 の結果を発表。1位はMicrosoft 365、続いてAmazon Web Servicesが昨年までのSalesforceを超えて2位となった。ZoomやSlack、DocuSignなどリモートワークを強化するアプリがランクを上げた。特長は複数のベンダーアプリを組み合わせる「ベストオブブリード」型になっていることだという。

Oktaが複数のアプリケーションのトレンドを調査できる理由

 調査の発表会見は1月29日にデータインサイト担当ディレクターであるローレン・アンダーソン氏によってオンラインで行われた。

Okta データ&インサイト担当ディレクター ローレン・アンダーソン(Lauren Anderson)氏

 この調査は、Oktaの9,400以上の顧客が活用している、6,500以上のアプリケーションとの事前インテグレーションを提供する「Okta Integration Network」(OIN)の匿名化されたデータに基づいている。「OktaはID管理のプロバイダとして複数の業務アプリケーションに関わる中立的な立場なのでこのような調査ができます。Oktaのネットワーク経由でお客様の匿名化したデータによって、どのような業務アプリが使われているのかの洞察とトレンドがわかるのです」とアンダーソン氏はいう。

 2015年から実施され7回目となる今回の調査は、2019年11月1日から2020年10月31日までのデータを分析している。

1位はMicrosoft 365、AWSが浮上、新興SaaS系が続々とランクイン

 2020年に最も人気のある業務アプリ(顧客数ベース)の1位は従来どおりMicrosoft 365だった。2位は今年初めてAmazon Web Services(AWS)が浮上。これまでの6年間、2位はSalesforceだった。またZoomやSlackDocuSignなどWFH(在宅勤務)やリモートワークを強化するアプリも昨年度よりランクを上げた。

[クリックして拡大]

 地域別に見るとAWSの2位浮上はヨーロッパとアジアの急成長市場によるもの。Atlassianはグローバルではランクは落ちているもののヨーロッパとアジアではランクを上げている。

 他にアジアで急成長しているのは、MimecastServiceNowXeroZendeskなどがある。企業がリモートワークを推進するため、在宅ワークスペースやバーチャルなコラボレーションをサポートするアプリや、従業員が互いに離れて仕事をするのを支援するアプリの利用が増えたことを示している。

[クリックして拡大]

 今年急成長した業務アプリ(顧客数ベース)のトップ10のうち、90%は今年初めて登場した企業だ。トップ10のうち昨年から残った企業は1社のみ。前年度で1位だったデータウェアハウスを提供するSnowflakeが、今年も前年比105%の成長率で7位に入っている。

[クリックして拡大]

 またオフィス・サプライ関連も伸び、Amazon Businessのアプリが前年比341%の成長率で1位となった。これは従業員が在宅で必要な事務用品などを購入できる企業オンラインストアを構築する需要などが伸びたことが想定される。

 従業員やチームとのコラボレーション関連のアプリも伸びた。2番目に急成長したアプリは、従業員にホワイトボード機能などを提供するMiroで前年比301%成長。3位に入ったFigmaは、チームでデザイン設計などに使うアプリで、前年比236%の成長率、4位には、チームのプロジェクト管理ツールであるmonday.comが入り、前年比149%の成長率。また、6位にランクインしたのは従業員エンゲージメントツールのLatticeで前年比109%の成長率だった。

 また、セキュリティはエンドポイント、パスワード管理などが目立った。トップ10入りしたアプリのうち、4つがセキュリティ関連のアプリだった。5位に入った次世代ファイアウォールのFortinet Fortigateは前年比149%の成長率、8位に入ったエンドポイント保護ソリューションのVMware Carbon Blackは前年比88%の成長率、9位に入ったアプリエラーを監視するツールであるSentryは、前年比86%の成長率、10位に入ったパスワード管理ツールの1Passwordは前年比81%の成長率だった。

 テック系のIPO/DPO以降の成長という観点では別の見方が出来るという。Sprout Socialは50%、Bill.comは19%の成長だった。

[クリックして拡大]

次のページ
Microsoft 365ユーザーもZoom、Slackを併用、ベストオブブリード活用がトレンド

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13909 2021/02/04 17:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング