SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Magazineスペシャル

本格的なフロントエンドツールとして一段と進化したExcel 2007の実力 Part2

高機能な分析ツールとして使うExcel 2007


パート2ではデータベースからデータを取り込んだり、あるいはデータベースと連携し、データ分析を行なったりする機能を見ていく。Excel 2007をSQL Serverなどのデータベースと連携させることで、BIツールとしてさまざまな機能を利用できることを実感していただきたい。今回は、Access 2003にサンプルとして付属しているNorthwindデータベースをSQL Server 2005にインポートし、そのデータを元にExcel 2007で分析を行なうことにする (DB Magazine 2007年3月号より転載)

データベースからデータを取り込む

 パート2ではデータベースからデータを取り込んだり、あるいはデータベースと連携し、データ分析を行なったりする機能を見ていく。Excel 2007をSQL Serverなどのデータベースと連携させることで、BIツールとしてさまざまな機能を利用できることを実感していただきたい。今回は、Access 2003にサンプルとして付属しているNorthwindデータベースをSQL Server 2005にインポートし、そのデータを元にExcel 2007で分析を行なうことにする。

Excelからのデータベースアクセス

 外部データの取り込みに関しては、以前のExcelと同じように「データベースの接続ウィザード」で行なえる。

 まずはSQL Server上にあるデータを取り込む場合を見てみよう。Excel 2007の[データ]タブの[その他のデータソース]から[SQL Server]をクリックする。すると、データ接続ウィザードが表示されるので、サーバー名と認証情報を入力し接続先のデータベース名とテーブル名を指定すれば(画面1)データを取り込める。

画面1:SQL Server 2005との接続
画面1:SQL Server 2005との接続

 接続先がOracleである場合も、操作はほとんど同じだ。データソースの種類として「Microsoft Data Access - OLE DB Provider for Oracle」を選択し(画面2)、サーバー名と認証情報を入力し、接続先のデータベース名とテーブル名を指定するだけだ(画面3)。すると、Oracleに格納されているデータをExcelにインポートできる(画面4)。

画面2:その他の接続
画面2:その他の接続
画面3:テーブル名を指定
画面3:テーブル名を指定
画面4:Excel 2007にインポートされたデータ
画面4:Excel 2007にインポートされたデータ

 また、一度作成したデータソースに関しては、Excel 2007の[データ]タブにある[既存の接続]から選択できるようになる。

次のページ
Analysis Servicesと連携したデータ分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Magazineスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

漆尾 貴義(ウルシオ タカヨシ)

1979年生まれ。2006年6月にマイクロソフト株式会社を退社後、くらふとわーくす株式会社を設立。現在はインターネットサービスの開発/運用や、MS Office アプリケーションのカスタマイズを行なっている。著書に『Web2.0的システム構築』(九天社)など。ブログはこちら。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/140 2008/11/07 11:47

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング