SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

中堅企業のためのERP導入指南

情報の可視化・共有化

第2回:BIツールの活用

ITシステムを使った情報武装のキーは、情報の可視化と共有化による日常業務での迅速な対応です。今回は情報の可視化・共有化の重要性と実現ポイントについてお伝えします。

情報の可視化・共有化

 経営・業務状況の可視化・共有化を行い、その情報を基に適切かつ迅速な対応を取る事が、会社の経営レベルのみならず、日常業務の実施時に求められています。情報を必要とする人は、必ずしも経営トップや管理者層だけではなく、業務の担当者レベルにも広めていく必要があります。そのために、経営・業務判断を行う人が自ら情報を入手し分析できるシステム環境の構築が求められてきます。

BIツール活用の現状

 情報を可視化・共有化するために、BIツールは必須ではありません。ERPシステムを導入している企業であれば、可視化・共有化すべき情報の多くはERP内に存在しており、ERP内の参照機能を活用する事で情報の取出しは可能です。しかし、ERPは実績(トランザクション)データの保管・集積と単純な集計には適していますが、分かりやすい形でのデータの可視化・共有化や分析は決して得意としていません。そこでBIツールを上手に活用する事で、情報の可視化・共有化の機能を向上させる事ができます。また、ERP以外のシステム情報とも連動させ、より有機的な情報の開示が実現できます。

 図1のように、今までのBIツールの使い方は、大きく分けて以下の2通りがあります。

  1. 報告などのレポート作成ツール:レポートや集計画面をERPなどの基幹システムで実現せずに、BIツールで作成し、経営トップ層や管理者の上層部、または関連部門へ配布をする事で情報を提供。
  2. 管理・企画部門による分析ツール:経営企画室などの直接的な業務に携わっていない部門の人が情報を月次レベルで収集・分析し、次月や次期に向けた提言・計画修正、などを実施。
図1:BIツール活用の現状
図1:BIツール活用の現状

 上記1.については、それなりの導入メリットがありましたが、2.の場合の導入効果がでていないケースが多くあります。この場合、経営企画部門での分析・提言・指示が作成され、実施されるまでの時間差(タイムラグ)が長く、提言の内容によっては陳腐化している事もあります。実施されるケースはまだ良い方で、提言までに留まり、実現に至らない場合も多くあります。その結果、多大な費用を投資して導入したBIシステムなのに、レポート作成以外にはあまり使われないシステムになっている企業が多く見受けられます。

次のページ
これからのBIツール活用方法

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
中堅企業のためのERP導入指南連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松本 繁治(マツモト シゲハル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1406 2009/04/24 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング