SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準

Oracle MySQL Database Service & HeatWaveとは

第1回

 この連載ではMySQLの開発チームが開発、運用、サポートを行っているクラウド・データベースであるOracle MySQL Database Serviceと、分析処理を爆速化する分析エンジンHeatWaveについて、製品の特徴や使い方を解説していきます。

「本物」のMySQLが使えるクラウド・データベース Oracle MySQL Database Service

 Oracle MySQL Database Serviceはオープンソース・データベースのMySQLをベースとしたクラウド・データベースです。Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上で「本物の」MySQLをが利用できるマネージド・サービスとなっています。Oracle MySQL Database ServiceはMySQLの開発チームがDevOpsを担当し、サポートサービスも開発チームと連動して提供されています。

 MySQLは開発当初から企業としてソフトウェア開発を行い、サポートサービスやツールなどを販売するビジネスモデルを取っており、複数の企業買収を経てオラクルの一部となった今でも一貫して同じモデルとなっています。その中でMySQLベースのクラウドデータベースとしてのOracle MySQL Database Serviceを、MySQLの開発元として提供しています。Oracle MySQL Database Serviceは現在OCIの全リージョンでの提供となっています。

 以下の点がOracle MySQL Database Service独自の特徴となっています。

  • MySQL開発チームがDevOpsを担当
  • MySQL Enterprise Editionの機能を利用可能
  • 分析処理高速化エンジンHeatWave統合

 これらの特徴を備えながら、他社が提供するMySQLをベースとしていると謳ってるサービスと比較しても大幅に安価で提供されています。

図 他社サービスとスペックを揃えての年間コスト比較(出典: MySQL公式ブログ)
図 他社サービスとスペックを揃えての年間コスト比較(出典: MySQL公式ブログ)

 Oracle MySQL Database Serviceの課金は以下の体系となっています

【表 Oracle MySQL Database Serviceの単価と課金体系】

課金対象 OCIでの製品名 単価 課金単位
CPU数 MySQL Database—Standard–E3 ¥4.56 1時間あたりのOCU
メインメモリのサイズ MySQL Database—Standard–E3–Memory ¥0.264 1時間あたりのギガバイト
データ格納用のストレージ MySQL Database—Storage ¥4.80 1か月あたりギガバイトストレージ容量
バックアップ格納用のストレージ MySQL Database—Backup Storage ¥4.80 1か月あたりギガバイトストレージ容量

最新の価格についてはOracle MySQL Database Serviceの製品ページの下部の価格表をご確認下さい。
https://www.oracle.com/jp/mysql/

 クラウド・サービスの中にはオープンソースのソフトウェアに独自の改変を行い、かつ変更点の詳細やソースコードを公開しないため互換性の有無が不明なものがあります。一方でOracle MySQL Database Serviceはコミュニティ版のMySQLサーバーと同一のソースコードを使用しており、マイナーバージョンアップのタイミングも基本的に同じになっています。このためOracle MySQL Database Serviceをご利用のお客様はマネージド・サービスにロックインされる心配がありません。IT戦略に応じてMySQLサーバーを利用したハイブリッド構成を選択することや、マネージド・サービスからオンプレミスやクラウド・ネイティブに環境を切り替えることなども可能です。

次のページ
分析処理高速化エンジンHeatWave

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MySQLとHeatWaveが切り開くオープンソース・データベースの新基準連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

梶山隆輔(カジヤマリュウスケ)

日本オラクル MySQL Global Business Unit Asia Pacific & Japan担当 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターオラクル社において、MySQLのお客様環境への導入支援や製品の技術解説を担当するセールスコンサルタントチームのアジア太平洋地域リーダー。多国籍なM...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14069 2021/03/26 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング