EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NECがCEO直下の新組織で目指す“変革のDNA”の醸成 「Transformation Office」で包括的な改革を推進へ

  2021/06/16 08:00

 NECが「2025中期経営計画」において掲げていた社内文化と経営基盤の変革をけん引するため、本年4月よりCEO直下に「Transformation Office」が組織されている。従来までの「制度」「プロセス・組織」「IT」という軸に、新しく“データ・人”を加えた「三位一体 Plus Oneの改革」を目指すという同社は、6月14日にメディア向けの説明会を開催した。はたして、500億円超の投資をおこなうという変革プロジェクトとはどのようなものなのか。説明会で語られたプロジェクトの概要をリポートする。

「コーポレート・トランスフォーメーション」を実現へ

 はじめに、NECの中期経営計画(PDF)に関する考え方として「コアDX(お客様のDX)」「コーポレート・トランスフォーメーション(社内のDX)」「フラッグシッププロジェクト(社会のDX)」という3つが掲げられていたが、今回の説明会では、社内改革にあたるコーポレート・トランスフォーメーションについて言及された。

NEC 代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 森田隆之氏
NEC 代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 森田隆之氏

 同社では社内変革として社員10万人のリモート環境の整備、スーパーフレックス制度の導入などをコロナ禍前から着手していたという。また、働き方改革についても2018年から着手しており、ERPを中心とした経営基盤の刷新は10年前から進められている。一方で、ビジネス環境が大きく変化する中では、ビックデータやAI、業務クラウドなど最新のテクノロジーを取り入れる必要があると説明する。同社のこうした社内の改革に対する取り組みは、「DX銘柄2021」「デジタル×コロナ対策企業(レジリエンス部門)」のダブル受賞という形で評価されていると同代表取締役 執行役員社長 兼 CEO 森田隆之氏は述べる。

[画像クリックで拡大]

 そんな同社が、CEO直下の組織として新しく立ち上げたのが「Transformation Office」だ。CDOやCIO/CISO、CHROなどCxOがコーポレートの改善、事業改善の双方でトランスフォーメーションを推進していくための新たな軸としての役割を担うという。

[画像クリックで拡大]

 森田氏は、「従来も各CxOごとに制度、プロセス、組織、ITの改革を進めてきましたが、今後は包括的に進めていくことが必須となってきます。そのため、コーポレート、事業を横断したアジェンダを設定し、これまでの制度、プロセス・組織、ITに“データ・人”を加えた、総合的な改善を進めてまいります」と説明する。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


関連リンク

著者プロフィール

バックナンバー

連載:EZ Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5