SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

freeeが新戦略として掲げる「統合型経営プラットフォーム」の実現とは

統合型クラウドERPや出版、スモールビジネス研究所などの新施策を実行へ


 6月22日に開かれたメディア向けの会見で、freeeは新たな事業戦略を発表した。新たなビジョンとして「誰もが自由に経営できる、統合型経営プラットフォーム。」を掲げて、統合型クラウドERPやカード事業、出版、スモールビジネス研究所など新たな施策を次々と打ち出す同社。はたして、どのような未来を描いているのか。本会見の様子を紹介する。

freeeが目指す「統合型経営プラットフォーム」

freee CEO 佐々木大輔氏
freee CEO 佐々木大輔氏

 中小企業庁によると日本における企業の99.7%が中小企業であり、約630万社が存在しているという。こうした中小企業を対象に「スモールビジネスを、世界の主役に。」というミッションを掲げているのがfreeeだ。来年7月で創業から10年目を迎える同社CEO 佐々木大輔氏は、「目指している方向性について、世の中のニーズも増していることを感じている」と説明する。

 2013年にクラウド型の会計ソフトを提供しており、これまでのサービスの中で重要視してきたのが“統合型”というコンセプトだという。これは、請求書発行や入金、レジ、支払いといった業務をこなすだけで自動的に帳簿に記帳されていくようなものであり、創業当初から一貫した取り組みが行われている。実際に約28万社が同社の製品を利用しており、月1,000件の入金処理自動化や経理処理時間の短縮などの成果を上げている企業もあるといい、スモールビジネスにおいても業務の自動化や可視化が進んでいるとした。

 こうした、これまでの取り組みをベースに10年目を迎えるにあたってfreeeは、「誰もが自由に経営できる、統合型経営プラットフォーム。」という新たなビジョンを発表した。この新たなビジョンは、大きく3つの柱で構成されていると佐々木氏は語る。

新たなビジョン
新たなビジョン
[画像クリックで拡大]

 1つ目の柱は、「統合型クラウドERP」。これまで取り組んできたことを発展させ、あらゆる業務とデータをつなげることで会計以外の部分でも自動化と可視化を進めていくという。既に規模の大きい企業ではERPを活用した経営判断が行われているが、これをスモールビジネスにおいても実現するというのだ。この統合型クラウドERPの実現に向けた新サービスの1つとして、カード事業に参入し「freeeカード Unlimited」を提供する

「統合型クラウドERP」
「統合型クラウドERP」
[画像クリックで拡大]

 Visaの「Fintechファストトラックプログラム」における第一号案件でもあり、β版を本年秋に、正式版は冬頃に提供予定だという。本施策における大きな特徴として、「freee 会計」内のデータを活用した独自の与信モデルにより、現時点で最高3,000万円という高い限度額を実現することができる点が挙げられた。また、利用明細への反映も1~3日以内と早く、経費精算やワークフローと連携した従業員のカード利用管理も可能だとしている。

 こうしたカード事業への取り組みについて、カードの支払い関する経理業務を自動化することで、リアルタイムで支出の管理がfreee会計上で行えるだけでなく、与信枠の判断に会計データを利用しているため、本カードを使うアクション自体が経営に結びつくという。こうした特徴も、統合型クラウドERPとして複数の要素を絡めているからこそ実現できると佐々木氏は述べる。

統合型クラウドERPとあわせて経営アクションにつなげる
統合型クラウドERPとあわせて経営アクションにつなげる
[画像クリックで拡大]

 また、統合型クラウドERPとして契約、固定資産、人事労務といった業務領域も新たにカバーすることになる。具体的には、人事労務領域では、統合型人事労務システムとして「freee 人事労務」を提供。従業員の勤怠打刻や休日申請、住所変更といったものを同システム上で管理することでデータを従業員DBに自動蓄積し、給与計算などを自動化できるという。

「freee 人事労務」
「freee 人事労務」
[画像クリックで拡大]

 さらに、「freee 勤怠管理 Plus」という新しいプロダクトを投入。これにより、50名以上規模の企業に多い複雑化した勤怠管理に関するニーズをくみ取り、統合型人事労務システムを活用できるスモールビジネスの範囲を広げている。加えて、同システムにおいては、本年度中に固定資産に関する機能強化を図る予定だとした。

次のページ
出版や研究所などでもスモールビジネスを支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

岡本 拓也(編集部)(オカモト タクヤ)

メディア部門 メディア編集部 EnterpriseZine編集を担当

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14564 2021/06/22 18:02

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング