SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得

いい加減なRFPや認識のズレから裁判沙汰へ 悲劇を生まないためにIT部門が身につけるべき巻き込み力

 今回は、曖昧な要件定義が招くトラブルについて紹介します。ユーザー企業側とベンダー側の認識のズレはどこから生まれるのでしょうか。判例をもとに見ていきましょう。

曖昧な要件定義は裁判沙汰の定番

 曖昧な要件がシステム開発のトラブルを生むという事例は、もはや裁判の定番と言ってよいくらい数多く見られます。ユーザー企業側で、システム開発の企画と開発ベンダーへの発注を担当する部門は、要件定義か、あるいはそれよりも前の提案依頼書(RFP)の段階からエンドユーザー部門によくヒアリングして、本当に業務に役立つシステムを作っていく必要があります。

業務に役立つシステム開発の第一歩はヒアリング」
業務に役立つシステム開発の第一歩は、よいヒアリングからはじまる

 しかし実際にはそれをやりきれず、中途半端な要件定義がエンドユーザーやシステム部門、それに開発ベンダーの理解不足を招き、トラブルを引き起こすことが現実に数多く起きています。

 今回取り上げるのは、まさにそうした事件です。曖昧な要件を提示したユーザー企業と、それを勝手に理解したつもりの開発ベンダー。この争いの顛末を通して、システムのユーザー、特にシステムを発注する部門の責任について考えてみたいと思います。まずは事件の概要から見てみましょう。

(東京高等裁判所 令和 2年 1月16日判決より)

 あるインターネット・サービス・プロバイダ事業者(ISP)が、自社の基幹システムの開発に関する提案依頼書(RFP)をソフトウェア開発ベンダー(開発ベンダー)に交付し、開発ベンダーは、これに対する提案書を提示して両者の間にシステム開発請負契約が成立した。開発ベンダーが請負ったのは、新システムの要件定義から設計、製造、テスト工程までのすべての工程だった。

 作業はRFPと提案書の内容を確認しながら開発ベンダーが要件定義書をまとめることから始まり、その後、基本設計、詳細設計と進んだが、その後、双方の要件の理解に齟齬があることが発覚して、プロジェクトは混乱し、結局、システムが完成しないまま請負契約は解された。

 要件定義上の問題点は数多くあったが、その中にはエンドユーザー部門であるカスタマー部門で使用する「統計・カスタマーツール」機能に関する認識齟齬もあった。

次のページ
認識の齟齬を招く曖昧な書き方

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細川義洋(ホソカワヨシヒロ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/14721 2021/07/30 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング