SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

業務改善のためのビジネスプロセスマネジメント入門

ビジネスプロセス モデリングのための方法論

第7回

ビジネスプロセス モデリングを行うためには、記法や言語を習得するだけではなく、どのようにモデルを作成していくのかといった方法論も身につけていく必要があります。現段階では、ビジネスプロセス モデリングのための確立された方法論というものはありません。そこで第7回は、ソフトウェアにとってはなじみの深いRUPの中のビジネスモデリングを中心に、関連する話題について説明します。

ビジネスプロセス モデリングの方法論

 前回まで、ビジネスプロセス モデリングのための言語や記法については説明してきましたが、どのようにしてモデルを作るのかという方法論については触れていません。実は、ビジネスプロセス モデリングのための確立された方法論というものはまだ存在しておらず、今は研究段階です。現時点では、「インタビューによって、組織および担当者とそれらの間でやり取りされるビジネスオブジェクトを洗い出し、担当者とアクティビティ、担当者とビジネスオブジェクトを関連付けることによってアクティビティ図を作成する」といった方法が提案されているだけです。これらは、「業務に携わる人にとって、自分が携わっている業務の流れについては理解している」という前提に立っているからです。しかし、実際のビジネスプロセスは単純なものばかりではないので、複雑なビジネスプロセスをモデリングするための方法が登場することが望まれます。

次のページ
Rational Unified Processにおけるビジネスモデリング

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
業務改善のためのビジネスプロセスマネジメント入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

竹村 司(タケムラ ツカサ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/1523 2009/06/26 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング