SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

サイトコアが打ち出すコンポーザブルDXP戦略、大きく変わる製品ポートフォリオ


 CMS(Content Management System)のビジネスで成長してきたサイトコアが、今大きく戦略を変えようとしている。2020年9月に就任したCEOスティーブ・ツィカキス氏は、今後のビジネス成長に向けて、2021年1月から12億ドル(約1,300億円相当)の大規模投資を実施していくことを明言した。新しい成長戦略で製品ポートフォリオがどう変わろうとしているのか。サイトコア日本法人に訊いた。

ツィカキスCEOが見据える4つの戦略の柱

Sitecore 新CEO スティーブ・ツィカキス

 ツィカキス氏はサイトコアのCEOに就任後、早々に新成長戦略の柱として以下の4つを据えた。

  • SaaS企業の買収
  • 技術イノベーションの加速
  • 人員の増強
  • 日本及び中東市場への投資強化

 この戦略の一環で、サイトコアは2021年3月にCDP(Customer Data Platform)製品を提供するBoxever、4月にコマース製品のFour51、5月にMA製品のmoosend 、9月にAI搭載の検索処理製品のReflektionと、4つのSaaS企業を買収している。買収で重視したのは、他社製品との連携性を高めるテクノロジー領域の強化であり、具体的にはマイクロサービス、APIファースト、クラウドネイティブ、ヘッドレスが該当する(図1)。

図1:MACHを重視して進めてきたサイトコアのM&A 出典:サイトコア[クリックして拡大]

 これまでのサイトコアは、顧客体験提供のインフラとなるCMS(Content Management System)を中心に企業のマーケティング活動をサポートするソリューションを提供してきた。コンテンツ管理のニーズは依然として大きいが、すでに他社のCMS製品を導入している場合も多い。CMSに限らず、インフラソリューションは置き換えにくい性質があるが、他のソリューションを組み合わせる拡張ニーズは確実に押さえたいところだ。

 実際のところ、マーケティング部門が必要とするテクノロジーは多種多様であり、現在の市場環境ではスイートとして包括的にテクノロジーソリューションを提供できるベンダーは存在しない。企業側も最初はスモールスタートで最低限の仕組みを整え、その後の施策の高度化に即して、随時ソリューションを拡張することが現実的という事情もある。

 米調査会社のガートナーは、「2023年までに60%の企業が新しいアプリケーション投資にコンポーザビリティを求めるようになる」と予測している。この拡張ニーズに応えるには、すでに企業が導入している製品との連携が容易なアーキテクチャーでなくてはならない。自社製品を中心とするソリューションを拡充しつつ、一部の製品だけの導入も可能にするには、APIで製品間の連携ができるSaaSを中心に製品ポートフォリオを変えることが必要になる。

 ガートナーは、「コンポーザビリティを確保することで、新機能を80%早く実装できるようになる」とも主張している。SaaSであれば、運用しながらのアジャイルな拡張も容易に対応できるわけだ。「今までの製品提供を止めるのではなく、『コンポーザブルデジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)』を戦略的に推していきたい」と、サイトコア製品のプリセールスを担当する原水氏は意気込む(図2)。

図2:デジタル体験提供で重視するコンポーザビリティ 出典:サイトコア[クリックして拡大]

次のページ
新戦略に即してリリースしたCDPとパーソナライズエンジン

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15426 2022/01/13 12:03

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング