SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(PR)

シスコシステムズ「IWO」でクラウドコスト削減へ 可視化ツールでムダを省く

CTC「『デモでわかる効果的なクラウド基盤コスト削減方法』セミナー」レポート

 2022年2月1日、伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)主催でシスコシステムズ協賛のオンラインイベント「『デモでわかる効果的なクラウド基盤コスト削減方法』セミナー~システムリソース過多でコスト増になっていませんか?~」が開催された。本イベントではクラウドコストの高騰に悩む企業に向けて、シスコシステムズの最新ソリューションを使って課題を解決する方法が紹介された。

コスト削減の鍵を握る「フルスタック・オブザーバビリティ(FSO)」とは?

(左から)シスコシステムズ テクニカルソリューションズアーキテクト 吉原大補氏<br />      CTC エントラステッドクラウド技術事業部 TSC部 谷本友和氏

(左から)シスコシステムズ テクニカルソリューションズアーキテクト 吉原大補氏
CTC エントラステッドクラウド技術事業部 TSC部 谷本友和氏

 クラウドは今やエンタープライズITの様々な領域で当たり前のように使われるようになった。一方で、その運用コストの高騰に悩む企業も増えてきている。その背景について、本イベントに登壇したシスコシステムズ テクニカルソリューションズアーキテクト 吉原大補氏は次のように述べる。

 「今日のアプリケーションは、既存のクラウドサービスをつなぎ合わせることで容易に開発できるようになった反面、システムの要素が分散化し、全体の構成が複雑化したことで問題が発生した際の調査はもとより、現在の状況を正確に把握することすら困難になっています」

 こうした状況を改善するための手段として、シスコシステムズでは「フルスタック・オブザーバビリティ(FSO)」と呼ばれる方法論を提唱している。ここで言う「オブザーバビリティ(可観測性)」とは、複雑な構成のアプリケーションやインフラの状況を正確に可視化し、問題が発生した際に速やかに原因を特定して対応策を導き出す取り組み全般のことを指す。具体的には、アプリケーションを構成する様々なコンポーネントからそれぞれのログデータや統計データ、イベント情報などを取得して1ヵ所に集約し、AI分析を施すことで高度な可視化や問題切り分け、将来予測などを可能にする。

[画像クリックで拡大]
[画像クリックで拡大]

 シスコシステムズが提唱するFSOは、こうした取り組みをアプリケーション、インフラ、ネットワークのすべてのスタックにわたって実施し、それぞれから取得したデータを互いにシームレスに連携することで高度な可視化や分析を可能にするという。具体的には、インフラの可視化・分析やアプリケーションリソースの管理を担う「Intersight Workload Optimizer(IWO)」、アプリケーション性能管理(APM)の機能を担う「AppDynamics」、そしてネットワーク性能管理(NPM)を担う「ThousandEyes」の3製品がそれぞれ連携することでFSOを実現する。

次のページ
FSOを実現する「Intersight Workload Optimizer(IWO)」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

早稲田大学政治経済学部卒業後、メーカー系システムインテグレーターにてソフトウェア開発に従事。その後、外資系ソフトウェアベンダーでコンサルタント、IT系Webメディアで編集者を務めた後、現在はフリーライターとして活動中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/15565 2022/03/16 10:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング