SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得

“カスタマイズお化けシステム”にしないために必要な3つの勇気とは

 本連載はユーザー企業の情報システム担当者向けに、システム開発における様々な勘所を実際の判例を題材として解説しています。今回取り上げるテーマは「プロジェクトマネジメント」です。ベンダーからするとユーザーからの要望は断りにくいものですが、要望を受け続けることで、プロジェクトが悪い状態になりかけているのではあれば、「断る勇気」が必要ですし、ユーザーは「やめる勇気」が必要です。そして双方共に必要なのが「失敗を受け入れる勇気」でしょう。言うは易く行うは難しですが、それと向き合うしかないのです。

クラウド利用が主流の時代

 私の働く政府でも今はシステム化を行う際に「クラウドファースト」という方針に基づき、まずはクラウド利用によるサービスの実現が可能かを検討することになっています。

 こうしたクラウド化の流れは、もちろん政府よりも民間の方が先を行っており、ERPや営業支援、顧客管理、販売等、クラウドは様々な業務に活用され、早晩、ITの主流となることは間違いないでしょう。

 ただ、これまでのパッケージソフトウェアを利用した場合も同じですが、クラウドの場合でも、実際にシステムの提案や実装を行うベンダーが、必ずしもクラウドについて十分な理解をしていないままプロジェクトがスタートするという問題があります。

 ベンダーは、クラウドの機能や制約について一通りの知識をもっていますが、実際、そこで使われるソフトウェアのコードまでは見ることができません。また、ユーザーが望む機能の実装を本当にすべて実現できるのか、確証もありません。

 クラウドベンダーにいろいろと質問をして、大丈夫だろうと判断しても、実際に開発を進める中で、ユーザーからの細かい要望を聞いてみたら、実現が難しかった。そんなケースが多々あります。

 そうなるとベンダーは、クラウドで提供されるソフトウェアをカスタマイズしたり、別に機能を手作りしてクラウドと連携したりします。しかし、それ自体も技術的には大変な作業になりますし、当然、コストや期間も余計にかかってきてしまいます。

 今回紹介するのは、クラウドベンダーの提供するソフトウェアを利用して、安価かつ短期に業務系システムを作ろうとした事例です。大量の要件追加が発生し、「カスタマイズのお化け」な状態のシステムになってしまい、最終的には失敗しました。原因はどこにあったのでしょうか。以下、概要からご紹介しましょう。

次のページ
ユーザーの要求で、カスタマイズお化けシステムになってしまった事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
紛争事例に学ぶ、ITユーザの心得連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

細川義洋(ホソカワヨシヒロ)

ITプロセスコンサルタント東京地方裁判所 民事調停委員 IT専門委員1964年神奈川県横浜市生まれ。立教大学経済学部経済学科卒。大学を卒業後、日本電気ソフトウェア㈱ (現 NECソリューションイノベータ㈱)にて金融業向け情報システム及びネットワークシステムの開発・運用に従事した後、2005年より20...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17078 2022/12/15 09:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング