SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

ジェネレーティブAIで進化したSAP SuccessFactors──職務記述書作成から人材育成支援まで

「SAP Sapphire 2023」レポート

 米フロリダ州オーランドで行われた「SAP Sapphire 2023」における多くの新発表のうち、人事分野へのAI適用が目玉の1つとなった。組織がこの分野でジェネレーティブAIを安心して利用するには何が求められるのか。個別取材でのディスカッションを基に、責任あるAIを実践して各アプリケーションにAIを適用する具体的な方法を探る。

SAPはビジネスのためのAI機能を15種類追加

SAP America Senior Vice President, Application Development, Automation and AI Bharat Sandhu氏
SAP America Senior Vice President, Application Development, Automation and AI Bharat Sandhu氏

 SAPが提供しているのは「ビジネスのためのAI」で、汎用的なAIとは異なるものだ。Sandhu氏が顧客との対話を繰り返す中、AIやデータアナリティクスに関する組織の最大の悩みは、取り組みをスケールさせるだけの組織体制が整っていないことにあるとわかってきた。具体的にはデータサイエンスチームがない。あっても小規模なものにとどまるなどだ。これではPoC(Proof of Concept)から全社へと適用範囲を拡大していくことは難しい。そこで顧客自身でソリューション開発に時間をかけなくてもいいように、SAPはアプリケーション製品にAIを機能として組み込むことにした。

 SAPは、これまでの50年間でファイナンスから始まり、人事、調達、サプライチェーンに至るまで、企業のビジネスシステムを支援してきた。その経験を通して蓄積してきた知識への自信を示しつつ、Sandhu氏は「私たちのAIへのアプローチは、MicrosoftやGoogleのような他社のものであれ、オープンソースのものであれ、最高水準のテクノロジーにSAPが蓄積してきたビジネスドメインの知識を組み合わせ、すぐに使えるキュレーション済みのソリューションとして、アプリケーションに組み込んで提供するものです」と説明した。

 5月に行われた「SAP Sapphire 2023」では、SAPは新しく15のAI機能を発表した。その中には一般的な機械学習のモデルを組み込んだ機能もあれば、ジェネレーティブAIのテクノロジーを取り入れた機能もある。前者の代表例がファイナンス部門向けに提供されるIntelligent Collections機能で、回収業務の担当者が請求書の支払い遅延のリスクを予測し、フォローアップが必要な顧客についての示唆を提供する機能になる。また、後者の例としては、2022年7月にSAPが買収した伊AskdataのNLP(自然言語処理)テクノロジーをSAP Analytics Cloudに実装したNatural Language Queries機能がある。この機能を使うことで、ビジネスユーザーはデータソースに対して質問を投げかけることで、セルフサービスBIとは違った方法で、求める情報を入手できることになる。

 この他、図1ではSAPが提供するアプリケーション製品に組み込まれる予定のAI機能の全体像が公開された。基本的には特定の部門向けの機能がマッピングされているが、SAP Analytics CloudやSAP Signavio Process Managerに組み込まれたもののように、組織全般で利用するAI機能もある。

図1:SAP Sapphire 2023で発表したSAP Business AIのロードマップ 出典:SAP
図1:SAP Sapphire 2023で発表したSAP Business AIのロードマップ 出典:SAP [画像クリックで拡大]

次のページ
SAP SuccessFactorsで提供予定の2つのユースケース

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17817 2023/06/05 09:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング