SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

「オフィス回帰派」VS「リモート継続派」:ガートナーの2人のアナリストが議論

「ガートナー デジタル・ワークプレース サミット」レポート

 ガートナージャパンは8月29日から30日にかけて「働き方を変える」をテーマに「ガートナー デジタル・ワークプレース サミット」を開催した。日本でもオフィス回帰のトレンドが顕著になってきた中、先行する海外から何を学べるのか。イベントでは2人のアナリストが「分岐点:オフィスへの出社を従業員に義務付けるべきか」をテーマにディベート形式で講演を行った。

自社にとって最適な働き方を判断する4つの視点

Gartnerトリ・ポールマン氏・レーン・セバーソン氏
(左より)Gartner トリ・ポールマン氏、シニア ディレクター、アナリスト
Gartner レーン・セバーソン氏、シニア ディレクター、アナリスト

 この講演では、ポールマン氏が「柔軟に働けるようにする」という立場、セバーソン氏が「オフィスへ出社するよう義務付ける」という立場で議論を進めた。2人のアナリストは、最初に図1に示すようなクロスロードと呼ばれるパズルのボードの仕組みを説明した。このゲームのボードは正方形でその対角線に沿って、4つの溝が刻まれている。それぞれの溝には小さな金属ビーズが入っていて、ボードを傾け、手を使わずに4つのビーズ全てを中央に集めるパズルである。やってみると、2つを中央に集めるのは簡単にできても、残りの2つは難しい。

 企業がリモートワークかオフィス回帰かに悩むのは、このパズルと同じだと2人は話す。4つの角はそれぞれが「従業員の柔軟性」「設備と文化」「勤務地ベースの人材」「従業員の平等」を表していて、要素の2つを選ぶとなると4つのパターンがある。2人は4つのユースケースを例にそれぞれのパターンを紹介した。

図1:クロスロードゲームに見る多面的な働き方 出典:Gartner(2023年8月)
図1:クロスロードゲームに見る多面的な働き方 出典:Gartner(2023年8月)

 まず、1つ目のパターンが「従業員の柔軟性」「勤務地ベースの人材」の価値観を重視するハイテク・ソフトウェアの企業である。これらの企業の幹部の典型的なコメントが「我々のオフィスを、単なるオフィスとは呼ばないでほしい」というものだ。この業態の企業ではポールマン氏が紹介するように、「従業員の生産性は在宅勤務で飛躍的に向上している」「生産性を下げる要因は創造性の欠如である」「コスト削減のためにスペースを最適化する必要がある」など、リモートワーク推進派の意見が主流だろう。

 これに対して、セバーソン氏はスタンフォード大学の調査結果を引用し、2020年末に「自宅の方がオフィスよりも生産性が高い」とした回答は1割に満たなかったと反論する。また、夜間や週末まで働くことが増え、長時間労働が常態化した環境では創造性を発揮できないと指摘する。さらに、所有している土地や建物はすぐに処分できないし、賃貸でも契約期間内の解約はできない。そもそも容易に換金できないから不動産なのだという事実を改めて突き付けた。

次のページ
オフィス回帰の裏にある平等意識

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18391 2023/09/15 09:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング