SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー(AD)

NECが注力する「次世代データプラットフォーム」構築 “クライアントゼロ”による変革を関徳昭氏に訊く

『2025中期経営計画』達成に向けて“データドリブン経営”の実践目指す

 海底から宇宙まで──広範な分野でITサービスや社会インフラシステムを展開している日本電気(NEC)は、『2025中期経営計画』達成を加速するために、“データドリブン経営”を推進している。これを支えるための次世代データプラットフォームとして「Snowflake」を採用。データ基盤構築の指揮を執ったのは、NEC コーポレートIT・デジタル部門 経営システム統括部の上席プロフェッショナル 関徳昭氏だ。その功績からSnowflake主催の「DATA DRIVERS AWARDS 2023」において「DATA HERO OF THE YEAR」を受賞している。

NECが掲げる「クライアントゼロ」 自らの実践知を顧客・社会に還元へ

 日本の社会インフラを支えるNECにも変革の波が訪れている。同社は、2025中期経営計画で「社内のDX」「お客様のDX」「社会のDX」を経営の中核に設定。社内のDXでは、「クライアントゼロ」という考え方を掲げ、自社をゼロ番目のクライアントと位置づけた上で、最先端のテクノロジーを自社で実践し、変革を先導してくことを目指している。多様な業種や規模、環境の顧客を支援する同社だが、それらに共通する課題がNEC社内にも見られるからだ。『2025中期経営計画』達成に向けた次世代データプラットフォームの構築もこの考えの下で実行された。

 この基盤構築の陣頭指揮を執ったのは、関徳昭氏。IT業界で20年以上の経験を有しており、アプリケーションからインフラ、データ活用など、フルスタックエンジニアとして活躍してきた人物だ。現在は、その知見を活かしてNECグループ全体にわたるITアーキテクチャの企画・設計などを担当している。

 「『2025中期経営計画』において、DX推進が重要なテーマとされています。まずは、“社内のDX”に取り組み、その知見を生かして“お客様のDX”を推進。そして、“社会全体のDX”の実現を目指します。すべての方が人間性を発揮できる社会の実現を目指し、3つのDXを中心に据えて事業展開しています」

柔軟性や構築スピード、コンポーザブルな基盤を求めて

 NECでは、データプラットフォームに課題を抱えていた。2015年頃からエンタープライズITの世界ではDXへの注目が高まり、データプラットフォーム構築の動きが活発になっていたことを憶えている方もいるだろう。しかし、当時はオンプレミス環境に大規模なデータ基盤を構築することが主流であり、特に問題視されていたのがスピードだ。

 関氏は、「基盤の構築に2年程かけた後、データを集めていくような開発フローが一般的でした。しかしながら、これではデータを活用するまでに少なくとも3年は経ってしまう。急速に変化する現代において、このような時間のかかるアプローチは許容できません」と指摘する。NECにおいても、インフラ構築からデータ活用までのリードタイムを縮めることが最大の課題だった。

 同社において、特にデータプラットフォームを必要としていた領域はマーケティング。経理や財務といった基幹系システムのデータと並んでボリュームが大きく、データ分析やデータ利活用という側面から見たときに後れを取っていた。従来はマーケティング部門が独自にデータベースを構築し、IT部門にデータの提供を依頼してBIツールなどで利用するケースが一般的だったが、社内DXを実現するためには全社横断でのデータ活用が欠かせない。そこで、次世代データプラットフォームの構築において重要視されたポイントは、柔軟性や将来性を担保すること。関氏は、そのためにクラウドネイティブなデータプラットフォームが必要だと考えたという。

 「システムアーキテクトとして重要視していることは、ベンダーフリーかつコンポーザブルなこと。1つのベンダーに依存すると、相互接続の利便性は享受できるものの、コンポーネントの変更などが難しい。そこで、インターフェースの互換性や各ベンダーとの信頼性、技術の将来性、エコシステムの構築能力などを選定評価基準の1つとしました」

 手始めに関氏は、関係する各部門にヒアリングを実施。このとき、現在の状態「As Is」と理想の状態「To Be」のギャップを分析するような手法はとらず、“To Beを先に描く”アプローチで進めていったという。このとき、Snowflakeの存在を知ることとなる。

 「初めてSnowflakeについて話を聞いたとき、その製品アーキテクチャが他のデータベースとまったく異なる設計思想を持っていることに気づき、興味を抱きました。柔軟で安心できる基盤を作りたいという我々の想いとも合致しており、検討を重ねた結果として採用に至りました」

次のページ
Snowflakeによって、データ活用のスピード向上

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
Snowflake「Data Drivers Awards」受賞者インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

森 英信(モリ ヒデノブ)

就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務とWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業した。編集プロダクション業務では、日本語と英語でのテック関連事例や海外スタートアップのインタビュー、イベントレポートなどの企画・取材・執筆・...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Snowflake Inc.

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18472 2023/12/15 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング