SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

金融業界でも活用進む生成AI、三菱UFJがAWSで進める取り組みの現在地

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、10月13日に「金融領域における生成系AI活用事例に関する記者説明会」を開催。本稿では、その中で紹介された金融サービス業界における生成AI活用のトレンドと、三菱UFJ銀行での取り組み事例、AWSの生成AIソリューションのアップデートを紹介する。

金融サービス業界における生成AI活用のトレンド

 アマゾン ウェブ サービス ジャパン(以降、AWS ジャパン)は2021年から金融サービス業界に特化したビジネス戦略として「Vision 2025」を推進してきた。この戦略の背景にあるのは、「インフラの提供ではなく、ビジネス変革を支援したい」という思いである。他の業界と同様に、金融サービス業界もまた外部環境の変化の波にさらされており、ビジネス変革を急務としている。

 これを踏まえて、AWSはVision 2025で「既存の枠組みを超えたビジネスモデルへの挑戦」「新生活様式を織り込んだ顧客との関係構築」「予測できない未来に耐えうる回復力の獲得」「変革を実現する組織と人材の育成」の4つの領域のサポートに注力している。

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンの金融事業開発本部長である飯田哲夫氏は、「顧客の生成AIの活用支援でもこの4つの領域に注力すると同時に、社内業務における生産性向上のニーズにも対応したい」と語る。

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 金融事業開発本部長 飯田哲夫氏
アマゾン ウェブ サービス ジャパン 金融事業開発本部長 飯田哲夫氏

 そして、現時点の代表的なユースケースの傾向として飯田氏が挙げたのが、「顧客対応の分野」と「不正取引検知の分野」の2つである。まず、前者については、コールセンター業務の運用支援やチャットボットの適用に関心が集まっている。そして、後者については、金融犯罪の手口の高度化を背景に、セキュリティ対策の一環として検証を急ぐ例が増えているようだ。

 その代表例がロンドンを本拠とするリテール金融のNational Westminster Bank(略称:NatWest)になる。同行は、高度化する金融犯罪への脅威に対応するため、Amazon Bedrock(詳細は後述)の活用を進めている。また、新興企業の銘柄を扱う米大手証券取引所のNasdaqでも、Amazon Bedrockを活用し、金融犯罪対策、サーベイランスの強化に取り組み始めているのだ。

次のページ
三菱UFJが進める生成AIへの取り組み事例

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

冨永 裕子(トミナガ ユウコ)

 IT調査会社(ITR、IDC Japan)で、エンタープライズIT分野におけるソフトウエアの調査プロジェクトを担当する。その傍らITコンサルタントとして、ユーザー企業を対象としたITマネジメント領域を中心としたコンサルティングプロジェクトを経験。現在はフリーランスのITアナリスト兼ITコンサルタン...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18667 2023/11/08 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング