SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(AD)

日本で1番APIを触る専門家が指摘 レガシーの価値あるデータを“国際標準のAPI”で解放する必要性

既存システムの運用・管理だけでなくDX推進も……IT部門の難題解決へ

 多くの企業がDX実現のためにレガシーシステムのモダナイゼーションを進め、顧客体験を向上させるアプリケーションの開発に取り組んでいる。このとき、顧客ニーズの変化に柔軟に対応するためには、ノーコード/ローコードツールなどを用いた、迅速なアプリケーション開発の体制が求められる。

DXのためのアプリケーション 基幹系システムのデータを活用できるかが鍵に

 DXに資するモダンなアプリケーション開発においては、単にSoE(System of Engagement)のデータだけがあれば良いわけではなく、顧客体験の向上を実現するためには、基幹系システムのデータをいかに活用できるかが鍵となる。とはいえ、レガシーシステムは、他のシステムと柔軟に連携できるようなアーキテクチャではないことが一般的だ。この課題を解決するためには、レガシーシステムとのAPIを容易に開発できるだけでなく、安全に運用するための仕組みが必要となってくる。

 「日々、ひたすらAPIを触っています。日本国内で一番数多くのAPIを触っている人間だと思います」と話すのは、CData Software Japan(以下、CData)で国内外のAPI連携パートナーの開拓、APIコネクタの開発に携わっている同社リードエンジニアの杉本和也氏。実際、CDataでは270ほどのAPIコネクタを作成しており、杉本氏はそれらのサポートサービスを提供できるレベルでAPIを熟知している。

 たとえば、国内で流通しているSaaSを集めた業界レポートに掲載されていた600種類以上のサービスをくまなく調査。一つひとつAPIが公開されているか、公開されているAPIの仕様や連携のしやすさ、認証方法、リファレンスの有無に至るまで詳細に調査しているというから驚きだ。

 最近では、電気自動車のテスラに搭載されているAPIが気になり「当初は少し楽しめればという軽い気持ちでテスラのモックアップAPIを作りましたが、いざ作ってみると本番環境が欲しくなり、結局買ってしまいました」と杉本氏。ちなみにCDataでは、テスラに接続できるAPIコネクタは残念ながらまだ用意されていないが、将来的にビジネスニーズが高まれば電気自動車と接続するAPIコネクタも提供されるかもしれない。その際には、この経験も遺憾なく発揮されることになるだろう。

 そんな杉本氏が日々さまざまなAPIに触れている中で感じているのは、レガシーな基幹系システムに格納されているデータの重要性だ。DX実現に向けて、顧客体験を向上させるためのアプリケーションを構築しようとする企業が多い中、SNSのデータや画像、映像などの非構造化データを活用するだけでは十分でない。何よりもレガシーシステムのデータを活用すること自体が容易ではない現実も目の当たりにしているからだ。

 「企業はノーコード/ローコードツールなどを使い、アプリケーションをどんどん作っています。しかしながら、現場メンバーの使いたいツールから欲しいデータへすぐにアクセスできず、頭を抱えているケースは珍しくありません」と杉本氏。たとえば、SaaSであればAPIが用意されていてデータが取得できることも多いが、サービスごとにAPIの仕様が異なり、“欲しい形”で容易にデータを取得できるとは限らない。

 より問題なのが、企業が利用しているレガシーな基幹系システムだ。たとえば、顧客にECサイトなどで商品を購買してもらうためには、商品の詳細情報が必要となる。しかしながら、最新の商品マスタなどは、独自開発した生産管理システムに入っているかもしれない。また、購入した商品の正確な納期を顧客に伝えるためには、在庫管理や販売管理の最新情報を参照する必要もある。商品購入後のサポートサービスならば、顧客が過去に購入した商品情報はもちろん、顧客との契約情報など、基幹系の各システムにあるトランザクションデータが欠かせない。

 杉本氏は、「顧客体験を向上するためにアプリケーションを構築しようとすると、商品や顧客などのマスターデータ、購買の情報、見積り、請求などのトランザクションデータが必要です。それらは、まだまだレガシーシステムにあることが現実です」と説明。レガシーシステムにあるデータを用いて新たなアプリケーションを構築したいが、そのための環境が整っていないことがDXの阻害要因になっていると指摘する。

 自社で独自開発したシステムはもちろん、長くオンプレミスで使ってきたパッケージシステムにおいても、APIなどのデータ連携用インターフェイスがない。また、レガシーシステムの多くは十分なドキュメントなどもなく、構築した担当者も既にいないケースも多々あるだろう。つまり、多くの企業でシステムがブラックボックス化していて簡単に触れない。「そもそも、どのようなデータ構造なのかを把握している人もいません」とも杉本氏は言う。

CData Software Japan リードエンジニア 杉本和也氏
CData Software Japan リードエンジニア 杉本和也氏

 当然ながら、そのようなレガシーな基幹システムを解析し、データ連携のためにAPIを構築することは困難だ。API開発で考慮しなければいけないエレメント(エンドポイント設計・セキュリティ管理・ドキュメントなど)が数多く存在することはもちろん、そもそもIT部門は慢性的な人手不足で、アプリケーションを作りたいというビジネス部門からの要求にタイムリーに応えることも難しいだろう。「基幹系システムからデータをCSVファイルで抽出してもらおうとIT部門に依頼すると、数週間から数ヶ月かかることもあります」と杉本氏。

 もちろん、予算を獲得して、レガシーシステムにアクセスするためのAPI開発プロジェクトが始動するケースもある。多くの場合、「汎用性の高いAPIを構築しよう」と考え、しっかりとレガシーシステムを解析し、幅広い要求に応えられるように詳細設計を行う。そして、API構築のプロジェクトはどんどん拡大していき、アプリケーションへとタイムリーに必要なデータを渡していく……しかしながら、そうした本来の目的から外れてしまい、いつの間にか“完成度の高いAPIを作ること”が目的となり、大きな手間とコストをかけて必要のないAPIを作ってしまうケースは少なくないという。

 では、そもそも必要なデータの取得だけならば、ETLツールでも良いのではないかと考えるかもしれない。ETLツールを使えば、データを取得・加工してアプリケーションに渡すことは可能だ。しかしながら、多くの場合はレガシーシステムからバッチ処理によってデータを抽出・加工するため、リアルタイムに情報を渡すことが難しい。さらに加工したデータはCSVファイルなどでアプリケーションに渡すため複製され、それのデータに対してアクセスコントロールなど、データガバナンスを効かせることも容易ではないだろう。取得データのセキュリティとガバナンスの担保は、APIの独自実装においても課題視されており、実現には相当の手間が発生する。

次のページ
基幹系システムのデータを手間なく、安全に活用する方法とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:CData Software Japan株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/18738 2023/12/08 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング