SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press(AD)

【特別鼎談】“開発と運用の壁”を越えた「DevOps」はなぜ実現できないのか ツール導入の先を考える

Dynatrace×Red Hat×SCSKによるディスカッションから探る

「DevOps」を組織全体へ定着させるには

 クラウドネイティブ環境の導入を考えるとき、日常的に課題はありつつも体制を大きく変えるほどの問題はないと認識しているIT部門の担当者は少なくないだろう。一方、ビジネス部門に訊ねると、サービス提供にかかわるアプリケーション開発や改修に時間がかかり、自分たちの要望がなかなか反映されないとの声も聞こえてくる。つまり、DevOpsなどへ転換するだけの検討材料はIT部門だけでは見えにくいからこそ、組織全体に目標や課題感を共有しなければならない。

 もちろん、組織やチーム単位で別々に働いているため各組織に特有の文化があり、バラバラの状態から統合していくにはかなり労力がいる。「DevOpsの文化を組織全体で統一・醸成していくことは、ツールを導入することよりも難しいでしょう」と粟津氏は言う。

 たとえば、日々の業務課題を紐解いていけば、解決にはアジャイル開発やDevOpsの実現が必要だとわかることも多い。ところが組織間で共通認識が醸成されていなければ、解決のためにDevOpsを実現しようとはならないだろう。ビジネス目標に対する共通認識があり、それを全体共有できてから初めてアジャイル開発やDevOpsの必要性が理解される。

記事の続きを読むには、下記の事項にご同意ください。

Dynatrace合同会社 、SCSK株式会社 提供コンテンツ

ご利用に際しての注意

本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(SHOEISHA iDに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、株式会社翔泳社が、情報を提供した広告主に第三者提供いたします。また個人情報に加え、行動履歴(アクセス履歴)を含めて提供する場合があります。
第三者個人情報提供先:Dynatrace合同会社、SCSK株式会社
個人情報の取り扱いに関してはこちらをご覧下さい。



ページ動作に不具合があった場合、下記のメールアドレスまでお問い合わせください。

ご連絡の際は「ご覧になっているページのURL」「不具合の具体的な内容」「お使いの環境(OS、ブラウザ等)」をお書き添えください。
ご協力ありがとうございました。

次のページ
まずは段階的に取り組むことが肝要に DevOpsの第一歩とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:Dynatrace合同会社、SCSK株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/19119 2024/03/14 17:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング