SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

韓流IT事情

情報格差の是正を目指す韓国の国家事業「情報化村」とは?

第4回

韓国政府の情報化推進の取り組みは、約10年前に遡る。1999年に「Cyber Korea 21 Plan」を初めて策定。2006年に「e-Korea Vision 2006」、2007年に「Broadband IT Korea Vision 2007」、「u-KOREA計画」に続き、2008年には「国家情報化基本計画」等を次々に樹立。当時の政権の選挙公約として「ICT立国」を掲げ、この目標に向けて着々と成果を上げてきた。

着々と成果を上げる韓国の情報化推進政策

 韓国政府の情報化推進の取り組みは、約10年前に遡る。1999年に「Cyber Korea 21 Plan」を初めて策定。2006年に「e-Korea Vision 2006」、2007年に「Broadband IT Korea Vision 2007」、「u-KOREA計画」に続き、2008年には「国家情報化基本計画」等を次々に樹立。当時の政権の選挙公約として「ICT立国」を掲げ、この目標に向けて着々と成果を上げてきた。

 こうした韓国政府の情報化推進に伴い、2001年には経済協力開発機構(OECD)による世界超高速網の構築において世界第1位に選ばれ、インターネット利用者数は2000万人を突破した。さらに同年に、世界初の移動電話動画商用サービスを開始し、2005年に同機構が選ぶ人口100名あたり超高速インターネット普及率が世界第1位。さらに2006年に世界初の移動無線インターネットサービスが実施され、2009年には国連が選定する世界電子政府ランキング第1位に躍り出るなど、国内外から成果を大いに評価されることに至った。

 他方で、国土の3分の2以上が険しい山であることから、平野部であるソウル市周辺やブサン広域市、仁川広域市周辺等に全人口の半分以上が密集して暮らしている。このため、都市への人口の集中化が進む半面、地方は人口の急減、高齢化等が急速に進み、地方経済は疲弊し、都市と農村の間の経済格差が一層激しくなっている。

 さらに、情報化格差も拡大し、それらが教育格差やさらなる所得格差を広め、一層の地方離れを招く悪循環ともいえる状況であった。こうした国内状況を踏まえ、韓国政府は電子政府・電子自治体推進の一環として、ICTを使い地域経済活性化と都市から農村への人々の移動で賑わいを取り戻すための政策を考えた末に生まれたのが「情報化村」だ。(次ページへ続く

次のページ
韓国政府が推進する「情報化村」の成果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
韓流IT事情連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

廉 宗淳(ヨム ジョンスン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2850 2011/01/26 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング