SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

文系のためのBI入門

データ分析の第1歩!世界で一番使われているBIツール、Excelを使い倒す

第2回


Office 2010 の新機能、スパークラインを使ってみましょう

複数の項目について、その値の推移をみる時には棒グラフや折れ線グラフを挿入すると傾向が分かりやすくなりますが、項目間で値に大きな差がある場合、1つのグラフに複数の項目を表示するのは得策ではありません。そうした時、値の推移を傾向としてとらえるのに便利な機能が Office 2010 から追加されました。「スパークライン」と言います。

スパークラインは、1つのセルの中に折れ線グラフや棒グラフを表現することができ。このように縦に並べると、絶対値の差は関係なく、全体の傾向をつかみやすくなります。

スパークラインを表示するには、「挿入」タブ内でスパークラインの種類(折れ線、縦棒、勝敗)を指定します。また、対象データの含まれるセル、スパークラインを表示したいセルを指定します。スパークラインを表示するセルは少し横幅を長めにすると見やすいでしょう。

折れ線グラフとスパークライン。
それぞれに利点があるので、場合によって使い分けるとよいでしょう。
キャプチャ

次のページ
スライサーで選択も自由自在

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
文系のためのBI入門連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

松澤純(マツザワジュン)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3253 2012/02/10 17:26

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング