EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第2回 データ分析の第1歩!世界で一番使われているBIツール、Excelを使い倒す

edited by DB Online   2011/06/22 07:00

スライサーで選択も自由自在

また、ピボット テーブルを使う時、フィルターの選択肢から任意のものを選択しづらいと感じることがあるでしょう。特に選択肢が多い時にはマウス操作も面倒です。Office 2010 にはそれを解消する機能が追加されています。「スライサー」と言い、選択肢をボタンのように、Excel のセル上に乗せることができます。

フィルター(左)とスライサー(右)。
選択肢が多い場合、フィルターから個々の値を選ぶのは操作しづらいですが、
スライサーであれば操作が楽になります。
キャプチャ

スライサーを表示するには、「挿入」タブの「スライサー」をクリックします。ピボット テーブルのフィールドリストと同じようなものが表示されますので、スライサーとして設定したい項目を選択します。スライサーのサイズ、配置、色などを調整します。

スライサーとして表示させたいものを選択します。
キャプチャ
選択したものがスライサーとして表示されます。
「スライサー ツール」のオプション タブで、色やサイズ、列数などを変更することができます。
キャプチャ

スライサーは、クリックすることで1つの項目を選択できます。複数選択したい場合には Ctrl キーを押しながらクリックします。連続した項目を選択する場合には Shift キーを使うこともできます。選択を解除するには再度クリックします。こういった操作は、従来の Excel の操作を踏襲していますので、スライサーの表示方法さえ覚えてしまえば、すぐに使いこなすことができます。

複数選択する場合には Ctrl キーを押しながら選択肢をクリックします。
解除には右上の漏斗のアイコンをクリックします。
キャプチャ

このように、2010 になってさらに表現の幅が広がった Excel によって、説得力があり見やすい分析レポートを作ることができます。

*    *   *

さて、今回はExcel 2010 に追加された新機能の一部をご紹介しました。いかがでしたか?すっかりおなじみのExcelですが、ぜひ、新機能をうまく利用して、使い倒していただけたらと思います!

 



著者プロフィール

  • 松澤純(マツザワジュン)

    マイクロソフト株式会社 サーバープラットフォームビジネス本部 プロダクト マネージャー 大学時代は情報工学とも理系とも全く縁のない分野を専攻し、新卒で某 DB ベンダーに就職。ERP 製品の新機能検証、研修インストラクターを経て、GIS ソリューション ベンダーに約1年出向、お客様何でも窓口兼プロジェクト マネージメントを経験。帰社後は製品リリース マネージャーとして製品を構成する各種コンポーネントの日本でのリリース管理を担当。転職後、2009年より SQL Server の Product Manager として主にブロードな製品啓蒙活動に携わる。  

バックナンバー

連載:文系のためのBI入門
All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5