SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

事例に見るデータベース最前線

GoldenGateで、データベース移行から、さらなる情報活用を提案する

NTTデータ先端技術株式会社


NTTデータ先端技術では、Oracle技術支援サービス「NTT Data Intellilink Professional Services(NIPS)」を提供している。これは、米国オラクルおよび日本オラクルとの、数多くの共同技術検証や定期技術情報交換、さまざまな実システム案件で培った経験と実績をもとに提供する技術支援サービスだ。この中のサービスメニューの1つに、データベース移行支援サービスがある。

複雑な要件を満たすデータベース移行には十分なノウハウと経験が必要

NTTデータ先端技術株式会社 オラクル事業部 技術担当 基盤技術グループ エキスパート 佐藤雄一氏
NTTデータ先端技術株式会社
オラクル事業部 技術担当
基盤技術グループ エキスパート
佐藤雄一氏

 「古いバージョンから新しいバージョンへの移行はもちろん、コスト削減や災害対策を目的にサーバー統合を行う際、あるいは新たにクラウドコンピューティングを利用したいときなど、さまざまな理由でデータベースを移行しなければならない企業がたくさんあります」  

―NTTデータ先端技術株式会社 オラクル事業部 技術担当 基盤技術グループ エキスパートの佐藤雄一氏によれば、企業にはデータベース移行のさまざまなニーズがあると言う。UNIXからLinuxにプラットフォームを変更したり、Oracle9iからOracle11gへとバージョンを飛び越えたりする場合には、移行にかなりの手間が発生することも多い。

 もちろん、単純なバージョンアップなどの場合には、手間もかからずスムースに移行できることも多い。とはいえ、実際にはバージョンアップを機にプラットフォームの変更が行われたり、一部のアプリケーションに手を入れたりすることも多々ある。そして、データベースを活用しているシステムの多くは24時間365日稼動しており、移行の際にもなるべくシステムを止めたくないという要望もある。

NTTデータ先端技術株式会社 オラクル事業部 技術担当 COE エキスパート 吉田成利氏
NTTデータ先端技術株式会社
オラクル事業部 技術担当 COE エキスパート
吉田成利氏

 NTTデータ先端技術では、Oracle技術支援サービス「NTT Data Intellilink Professional Services(NIPS)」を提供している。これは、米国オラクルおよび日本オラクルとの数多くの共同技術検証や定期技術情報交換、さまざまな実システム案件で培った経験と実績をもとに提供する技術支援サービスだ。

 さらに、Oracle製品の検証やデモ環境の構築などを実施するための施設として、月島ソリューションセンターを用意している。ここではいち早くOracle製品の実機による検証作業を行っており、過去の経験だけでなく、最新のOracle製品を活用するためのノウハウ蓄積にも余念がない。

 NTTデータ先端技術では、それらを活用し仮想化、サーバー統合、クラウド、エコなど、差真の顧客課題を解決するための各種サービスメニューを提供している。

 そのようなNIPSのサービスメニューの1つに、Oracle GoldenGateを活用したデータベース移行支援サービスがある。

 「データベースのExport/Import機能を単純に利用するだけではうまくいかない、複雑な要件での移行やバージョンアップを支援することが非常に多いです」と語るのは、オラクル事業部 技術担当 COE エキスパートの吉田成利氏だ。  

 吉田氏によれば、実際のデータベース移行案件では、移行のための時間が限られている、移行するデータが大量にあるなど、最適な移行方法を十分に検討しなければならないものが多い。さまざまな移行案件に対し、経験や蓄積されたノウハウ、さらにはそれらをもとに作成したテンプレートやツールを利用することで、移行作業がトラブルなく迅速に行えるようになる。そして、ノウハウに加え、新たにOracle GoldenGateを用いることで、さらに迅速かつ安全にデータベースの移行が可能になる。

 GoldenGateは、独自のログ取得/適用機構を採用したOracleの新しいデータ連携の仕組みだ。高速でデータ連携時のシステム負荷も少ないため、データベース移行の際の顧客の高度な要求課題を解決するのに、大いに役立つという。

次のページ
プラットフォームやバージョンの違いを吸収しスムースな移行を可能にする Oracle GoldenGate

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3416 2012/02/10 17:48

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング