SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

オラクル・キュレーション by Oracle ACE

物理設計はデータベース管理者のキホン ―9月の人気記事

第3回


運用を理解し、データベースの設定に反映させる

 オプティマイザの自動収集機能をはじめ、Oracle Database 11gでは自動メンテナンスタスクにより、データベースの管理が自動化されています。

 自動メンテナンスタスクは、デフォルトでは以下時間帯に動いています。

  •  月曜日~金曜日:それぞれの日に22時から翌2時までウィンドウがオープン
  •  土曜日・日曜日:AM6時から20時間(翌2時まで)までウィンドウがオープン

 しかし、システムの運用によっては、例えばこのウィンドウ時間帯にデータの洗い替えが発生し、データの件数が一時的に0件になっていた、バッチ処理でデータが全面的に書き換わる最中だった、といった運用もあると思います。

 実際のデータベースの運用を想定し、メンテナンスタスクの実行時間帯や、実行オプションを検討することが重要ですね。こういった設定変更もEnterprise Managerから実行できます。

 データベースの設計は、データベースのみで完結するものではありません。インフラストラクチャ、アプリケーション、運用、それらを想定しながら、物理設計を詰めていくことが安定したシステム運用の"鍵"となるのです。

 また、最近では新規システム構築のためにデータベースを設計するだけでなく、旧システムからのマイグレーションのケースも多いでしょう。データベースのマイグレーションには、マイグレーション方法(同一サーバ筐体か、別サーバ筐体か)、データベースの規模、許容される停止時間、といった要件に応じて移行方法の検討を行うと思いますが、とても興味深いレポートが公開されています。

 この検証で利用しているOracle GoldenGateは、データ連携、データ・インテグレーションの統合ツールです。Oracle GoldenGateは様々な用途に活用されますが、このレポートのように、シビアな要件(許容される停止時間が短い等)が求められるデータ移行の手段として有力な選択肢となりますね。

 さて、今回はデータベースの物理設計についてポイントをお話ししました。データベース管理者の方は、ぜひ物理設計の基本をおさえておいていただければと思います。

 10月はどんな記事が人気になるでしょうか?

 次回も、皆様が"使える"ネタを提供していきたいと思います。

 「好奇心が、エンジニア人生を豊かにする。」oracletech.jp

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
オラクル・キュレーション by Oracle ACE連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

矢木覚(ヤギサトル)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3545 2012/02/10 18:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング