SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

データベース開発環境としてのEclipse

第3回 データベースのフロントエンドとして利用可能なプラグイン

本連載では、Eclipseをデータベース開発ツールとしての側面から取り上げています。第3回となる今回はデータベースと連携するアプリケーションを開発する際に最も頻繁に利用することになるであろう、データベースのフロントエンドとして利用可能なプラグインを紹介します。

Eclipse標準のデータベースプラグイン「DTP」

 DTP(Data Tools Platform)はデータを扱うツールのためのプラットフォームを提供することを目的としてEclipse Foundationで開発されているプラグインセットです。様々なツールの土台として機能するよう設計されていますが、DTP自身がRDBMSのフロントエンドとして十分な機能を備えており、単独のツールとしても便利に利用することができます。

図1:DTP
図1:DTP

 データベースのフロントエンドで最も利用する機会が多いのはなんといってもSQLの編集・実行でしょう。DTPはコード補完が可能なSQLエディタに加え、グラフィカルにSQLを作成可能なクエリビルダを備えています。また、テーブル内のデータを表形式のエディタで直感的に編集することも可能です。

図2:DTPのクエリビルダ
図2:DTPのクエリビルダ

 DTPは最大の特長はEclipse標準のプラグインであるという点です。Eclipse.orgで提供されている「Eclipse for JavaEE Developers」などのパッケージであればデフォルトでDTPが組み込まれているためすぐに利用することができます。

 また、最近では特定のデータベースやフレームワークに特化したEclipseプラグインなどもDTPをベースに構築される例が多く、それらのプラグインを利用する場合にもDTPが必須となります。

次のページ
シンプルなデータベースフロントエンド「DBViewer Plugin for Eclipse」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データベース開発環境としてのEclipse連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

竹添直樹(タケゾエナオキ)

NTTデータ先端技術に勤めるしがないプログラマ。最近はオープンソースのJavaEEサーバであるJBossに翻弄されつつScalaでコードを書く日々を送っている。趣味でオープンソースソフトウェアの開発や雑誌・書籍等の執筆を行っており、オープンソースプロジェクトProject Amaterasを率いる傍ら、The Seasar ProjectやApache Software Foundatio...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3920 2012/05/07 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング