SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

あたらしいSQL Server/Denaliの世界

あまり知られていないSQL Server 2012の機能強化点 (後編)

こんにちは。日本マイクロソフトPremier Field Engineering部の古賀です。前回に引き続き、今回も知られざるSQL Server 2012の機能強化点をいくつか紹介していきたいと思います。

1. 新しく追加されたXMLプランの警告

 SQL Server 2012より以前のバージョンでは、実行プランの中に遅いクエリの解析するための警告がいくつか出力されていました。この警告には、大きく分けて以下の2種類の警告があります。

 • クエリ レベルの警告
 クエリ レベルの警告には、missing indexがあります。Missing indexの警告は、インデックスが不足していることを警告します。

 • オペレータ レベルの警告
 オペレータ レベルの警告は、オペレータごとに生成される警告です。SQL Server 2012より以前のバージョンでは、「No Join Predicates」と「Missing Column Statistics」がありました。「No Join Predicates」は、結合述語がないことを表し、「Missing Column Statistics」は、その名の通り、列統計が不足していること表しています。

  SQL Server 2012では、これらの警告に加えて、以下の警告がXMLプランに出力されるようになります。ほとんどが、デフォルト トレースで採取されているイベントですし、よく知られたイベントだとは思いますが、XMLプランでも確認できるようになりますので、クエリ チューニングに役立ちます。

 • Hash Warning
 ハッシュ演算中にハッシュの再帰、またはハッシュの中断 (ハッシュの保留) が発生したことを表します。

 • Sort Warning
 並べ替え操作をメモリ内で処理できないことを示します。

 • Memory Grant Waits
 Memory grantsを待機しているときに発生します。

 • Exchange Spill Event
 並列クエリ プランの通信バッファーが一時的に tempdb データベースに書き込まれたことを示します。

 参考までに、Sort Warningを発生させて確認する手順を紹介します。

 (1) 以下のクエリを実行します。

Use tempdb
go
drop table tblTest
go
-- prepare data
create table tblTest (c1 int primary key clustered, c2 int, c3 char(1000))
go

go
set nocount on
begin tran
declare @i int
set @i = 1
while @i <= 10000
begin
insert into tblTest(c1, c2, c3) values (@i, @i, 'a')
set @i = @i + 1
end
commit tran
go

 (2) 以下のクエリを実行して、XMLの実行プランを採取します。

set statistics xml on
go
select * from tblTest where c1 <= 7000 order by c2 option (maxdop 1)
go
set statistics xml off
go

 (3) SQL Server Management Sutdioで実行プランを表示すると、Sortオペレータで警告が出力されていることを確認できます。

次のページ
2.Inaccurate Cardinality Estimate Detection Framework

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
あたらしいSQL Server/Denaliの世界連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

古賀 啓一郎(コガ ケイイチロウ)

日本マイクロソフト株式会社勤務。きままなエンジニア。
謎があると解決せずにはいられない性格。
週末は家事に従事。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3951 2012/05/28 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング